『しょうがっこうがだいすき』(学研プラス)

2019年4月23日刊行。文 うい・絵 えがしらみちこ デザインは、『あなたのことがだいすき』でもご一緒したalbireoさん。

この本のもともとのきっかけは、当時小学2年生のういちゃんが綴った文章を、ご両親が小冊子にしたというもの。

お父さんが出版したのを見て、「自分も書きたい!」と思ったういちゃんが、保育園・幼稚園の子たちに小学校が大好きになってもらいたいと思い、そのための先輩からのアドバイスを半年かけて書かれたそうです。

そうやって努力したものを形にしてあげたいとお父さんが自費出版し、Yahoo!ショッピングで当初100部を予定して出版したところ、反響が大きく4月22日時点で5刷の8000部突破だそう(すごいー。)

学研の編集さんから私のところにご依頼がきたのが去年の12月。

目標に向かって、こつこつと半年も継続するなんて素敵だなぁと思い、それに私の娘が今年小学一年生というのもあって、「ぜひお願いします」とお返事したのでした。

そして、最初の構想デザインがこんなイメージでした↑
堅苦しくならないように、楽しんで読んでもらえるように…ラフを描いて

わたしも編集さんもデザイナーさんも手探りだったので、まるで答えのわからないパズルを組み立てているような気分でした。

それでも少しずつ出来上がってきて、忙しい中ういちゃんが書いてくれた手書きのタイトルや最後のコメントを読んだりして、元気づけられながら、なんとか完成。

『しょうがこうがだいすき』

一生懸命であたたかい雰囲気が伝わってきて、参考書や指南書ぽくない仕上がりになり、とっても嬉しいです。

わたしの好きなページは、これと

1年生から6年生がならぶページ

これ

学校探検のページ

刊行前にテレビで取り上げていただいたことで、世に出ていないのに品切れという事態になってしまってビックリですが、重版がかかって大丈夫なようです^^

私が小学生のときは、何も考えずに生活していたので、周りを見て「これができておくといいな」と前向きに学校生活に取り組んでいるういちゃんの姿勢に、学ぶことが多かったこのご本。

ちゃんと考えをまとめることができて、何より半年も取り組むことができて、ほんとうにすごい。ぜひたくさんの方に読んでもらえたらなと思います。

『あのね あのね』ミニ原画展開催!@ジュンク堂難波店 児童書コーナー

2月8日(金)~3月8日(金)
ジュンク堂難波店 児童書コーナーに『あのねあのね』(あかね書房)の原画を数点飾っていただいています!
お近くにお越しの際には、ぜひお立寄りください^^

    えがしらみちこ『あのねあのね』ミニ原画展
    期間:2月8日(金)~3月8日(金)
    場所:ジュンク堂難波店 児童書コーナー
       〒556-0017 大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3
       マルイト難波ビル3階
    TEL: 06-4396-4771

講演会「子育てと絵本づくり」@大磯町立図書館

2019年3月3日(日)13:30〜15:30

大磯町で講演会をします!

    えがしらみちこ講演会「子育てと絵本づくり」

    日時:3月3日(日)13:30~15:30
    場所:大磯町立図書館本館2F 大会議室
    住所:〒255-0003 神奈川県中郡大磯町大磯992
    電話:0463-61-3002

    イベントのご予約やお問い合わせは、大磯町立図書館まで。

講演会「絵本の世界を楽しもう」@川崎 プラザ大師

2019年2月24日(日)13:00〜15:00(会場13:00)

川崎市のプラザ大師で講演会をします!
制作してきた絵本を読みながら、その絵本を作った背景などをお話しできたらと思っています。より絵本に親しむきっかけになれたらいいな^^

お申し込みは、2月5日(火)の午前10時からスタートです。電話(044-266-3550)もしくは川崎図書館大師分館へ直接ご来館ください。

    えがしらみちこ講演会「絵本の世界を楽しもう」

    日時:2月24日(日)13:30~15:00(13:00会場)
    場所:プラザ大師
    住所:〒210-0802 神奈川県川崎市川崎区大師駅前1丁目1−5 川崎大師パーク・ホームズ 2F
    電話:044-266-3550

    イベント詳細はこちら→http://www.library.city.kawasaki.jp/info03_txt/0000002752/default.html
    イベントのご予約やお問い合わせは、プラザ大師まで。

作家合同サイン会まつり @ 紀伊国屋書店笹塚店

2019年2月17日(日)15:00から紀伊国屋書店笹塚店で「作家合同サイン会まつり」に参加させていただきます!

児童書は、つぼいじゅりさん 、のはなはるかさん 、はまのゆかさん 、天野慶さん 、YUMOCAMさんがいらっしゃるそう。私自身もたのしみです♫

みなさん、どうぞいらしてください〜!

    作家合同サイン会まつり
    日時:2月17日(日)15:00~17:00(最終受付:16:30)
    場所:紀伊国屋書店笹塚店
    住所:〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1丁目48−14 笹塚ショッピングモール 1f

    イベント詳細はこちら→https://twitter.com/i/moments/1089698144697212929
    イベントのご予約やお問い合わせは、紀伊国屋書店笹塚店にご連絡ください。

おはなし会&前園敦子さんによる講演会@福岡県古賀市

2019年1月26日(土)13:00~ 福岡県古賀市にあるサンコスモ古賀にておはなし会を開催いたします。

13時から14時までは絵本専門店エルマーの代表 前園敦子さんによる講演会「親子で絵本を楽しむために」
14時からは私えがしらみちこが絵本を読んだり、それを作った経緯などをおはなししたいと思っています。
講演会終了後にはサイン会もいたします。どうぞご参加ください!

    【えがしらみちこ おはなし会&前園敦子 講演会】
    日時:2019年1月26日(土)13時〜
    定員:親子40組
    参加費:一世帯500円
    会場:サンコスモ古賀201/202
    住所:福岡県古賀市庄205  092-942-1150

    主催:古賀新宮子ども劇場
    https://ameblo.jp/kogeki/
    [お問い合わせ・お申し込み先]TEL/FAX 092-944-1936
    「古賀新宮子ども劇場」月~金 10:00~15:00

あたたかい部屋で制作したくなる『もりのてがみ』

『もりのてがみ』(福音館書店)
文 片山令子 / 絵 片山健

ひろこさんがお手紙を書く後ろ姿が愛おしい💕
机のうえの小道具も、そばにストーブが置かれているのも、見ているだけで心がほかほかしてきます。

そして、そのお手紙に添えている絵や飾りが可愛いくて、寒い冬に制作したくなります。

ひろこさんは、お手紙を書き終えると、ひとつずつ森のモミの木につるします。その姿は、まるで、クリスマスツリーのよう。

木が揺れるシーンやゆきが降るシーンがほんとうに動いているようで、静かな世界にゆっくり身をゆだねたくなるような絵本です。

#えがしらみちこのおすすめ絵本

トークイベント「絵本づくりのいろいろ」@えほんやさん(静岡県三島市)

2019年1月19日(土)18:00から絵本作家の高橋和枝ちゃんとトークします。
場所は、静岡県三島市のえほんやさん。高橋和枝ちゃんの『くまのこのとしこし』(講談社)原画展の関連イベントです。

絵本作りについてや生い立ちについてなど、じっくり聞いたことがないので楽しみです。
みなさん、どうぞご参加ください!

    トークイベント「絵本づくりのいろいろ」(要予約)
     日時:1月19日(土)18:00-19:30
     出演:高橋和枝・えがしらみちこ
     進行:福江寛子(えほんやさん店長)
     定員:20名
     参加費:1,000円(ドリンク付き)

    イベントのご予約やお問い合わせは、えほんやさんにお電話(055-900-1025)またはメール(ehonyasan.ega@gmail.com)でご連絡ください!

講演会「子育てと絵本づくり」@利府町図書館

2018年12月22日(土)10:30〜仙台にある利府町図書館の講演会でお話しさせていただきます。
宮城…!初めてなので、ドキドキです。雪が降っているのかなぁ。子連れで移動は大丈夫かしら。
がんばって行ってきます!そして、講演会も楽しんでもらえますように。

    H30年度利府町図書館講演会「子育てと絵本づくり」

    日時:2018年12月22日(土) 午前10時半スタート(10時開場)
    場所:利府町公民館3階文化ホール
    〒981-0104 宮城県宮城郡利府町中央2丁目11−2
    (電話 022-356-2130)

    入場料:無料
    講演会の後にはサイン会も実施します。

秋に読みたい絵本『もりのかくれんぼう』(偕成社)

『もりのかくれんぼう』(偕成社)
末吉暁子 文
林明子 絵

秋も深くなり、冬に近づいてきました。
ゆるゆると暖房機を出したり冬支度を始めていっています。

秋に読みたい絵本『もりのかくれんぼう』(偕成社)

主人公のけいこがお兄ちゃんをおいかけて森に迷い込み、動物や「かくれんぼう」という男の子といっしょに
かくれんぼをして遊びます。

秋の情景の美しさやかくれている動物の緻密な表現。これはもう…林明子さんの絵画作品ですね。
目を凝らさないとどこに動物がかくれているのか、わからない まるでトリックアートのようです。
子どものほうが見つけるのが上手だったりして、大人も子どももいっしょに絵本を通じてかくれんぼ遊びができます。

自然と一体になって遊ぶ動物や子どもたちを眺め、自然の大切さをじわりじわりと実感する絵本です。
そして、ただの「みつけっこ」絵本として終わらず、最後にもメッセージが…。

林明子さんが絵を担当された絵本は、文章を他の方が担当されたものを手がけていても、まるでご自身が創作されたかのように、自分の中に落とし込んで描かれているのだろうなぁということが伝わってきて大好きです。

このお話の原稿を手にした時
お兄ちゃんと「かくれんぼう」のお顔が似ているのは、林さんのアイデアなのかなぁ
それとも、作者の末吉さんのご依頼なのかなぁ…。

けいこが迷い込んだ森は、最初は少し怖く感じるのですが、最後になるとその森がなくなることが寂しいなと感じてしまう
ページの展開に「うーーん。すごい…」とうならされてしまいます。

何度もなんども絵や文章を見返して味わいたい秋の絵本です。

Scroll to top