献血絵本『けんけつのはなし』挿絵を担当

日本赤十字社のオリジナル献血絵本『けんけつのはなし』‬
‪文章は、中川ひろたかさん。‬

主人公の「ぼく」が血に関心を持って、「けんけつ」て何だろう?と興味の世界が広がっていくおはなしです。

「駅前の広場」のモデルになってるのは、三島駅😆
こじんまりしてて、屋根の色も可愛くて、小さな噴水や木々がキラキラしてて素敵なんです。
これから、東京オリンピックに向けて再開発されるそう。
もう穏やかな雰囲気ではなくなるのかなぁと想像すると、すこし寂しい‥。

絵本は、‪全国の幼稚園・保育園・小学校・図書館・児童館など32,500箇所に寄贈されました。‬
‪非売品ですが、みかけたらぜひお手にとっていただけると嬉しいです😊‬

Scroll to top