『たなばたのねがいごと』(世界文化社)

表紙『たなばたのねがいごと』
世界文化社より5月22日発売の絵本『たなばたのねがいごと』
http://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/18822.html

主人公のあおいが、七夕のたんざくをきっかけに、ほんとうに大事なものってなんだろうと考えます。
次の日、あおいが出した答えは…。

私の娘も偶然同じ名前のあおい。
それに、園のなまえもそっくりだったので、娘の幼稚園を参考に描かせてもらいました。

園から帰るシーン

↑K先生も登場。(ちょろっと園長先生もいます。)

作者の村中さんのコメントが素敵なので最後に載せさせてください。
【村中李衣さんからのコメント】
七夕に思い思いに記す願い事とは、その思いをずうっと忘れずに持ち続ける、そのために心や身体を尽くすことを惜しまないという、空に向けてのまっすぐな誓いのことばでもあるように思います。

生まれてからそれほど間がないちいさなひとと、この世を離れるまでの時間がそれほどあるわけでもないおおきなひとが、歩調を合わせて「いち、にい、さん」と歩むことは、人生がまあるく繋がっていること、そのまあるい繋がりの中で、慈しみやいたわりが、途切れなく流れていくということではないでしょうか。
読んでくださったみなさんが、それぞれのご家族の中で、愛し愛される優しい関係を育ててくださいますように。

たなばたのねがいごと

新品価格
¥1,188から
(2018/5/26 14:20時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top