『あめだま』(ペク・ヒナ/ブロンズ新書)

今日、11月第3日曜日は「家族の日」です。

家族に関する絵本はたくさんありますね^^

この『あめだま』(ペク・ヒナ/ブロンズ新書)は、表紙のインパクトも強く、今までの「絵本」とはちょっと違ったレイアウトで1ページずつめくるのがとても楽しい絵本です。

装丁に特徴がありますが、内容はとても心温まるものです。
不思議なあめだまを舐めると、いろんな声が聞こえます。喋るはずのないソファやペットの犬…。

あめだまを通して周囲の愛に気づいたとき、いつもひとりで遊んでいた主人公ドンドンにどんな変化が訪れるのか?

読んだあとにほっこり温まる感じと、スーッと爽やかな風に吹かれているような感じが共存する、とってもオススメの絵本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

先頭に戻る