第3回「#発達障害児ママパパオンライントーク」開催しました

あれ?
先日第2回開催のレポートを書いたのに、もう第3回…?
時が経つのが、とっても早すぎますね。

さて、今回も楽しく参加させていただきました。(進行役のはずなのですが、楽しませていただきました。)

今回のテーマ

今回のテーマは「先生や支援者さんとの連携〜輪の支援〜」でした。

↓竹山さんがおはなしくださることを一覧にまとめたもの。

子どもを挟んで家庭と学校が一直線に並んでいるような状態のことを「線の支援」、
それに対して子どもを中心にいろいろな支援者が同じ高さ・違う視点で支援する状態を
「輪の支援」と呼んでいるそうです。

こんなことをお話いただきました

線の支援の場合、「”うちでは”こういうことができるのに…。」や、
「”学校では”こんなときはこうしてます。」という言葉を使ってしまいがちになるのですが、
このように考えてしまうとどうしても感情的になってしまいます。

竹山さんは、子どもがより快適に過ごせるようにを第一に考え、
言葉を変えたり、先生や支援者さんがどういう風に考えているのかを確認することを忘れないようにしているそうです。

例えば、先生に何か提案するときも「こうしてください!」ではなく、
まずは「◯◯で教えていただいたことがあるのですが、お伝えしてもいいですか?」と
連絡帳に書いて確認をしてみるといいということでした。

そして何よりも「感謝」の気持ちを都度表すことも大切だとおっしゃっていました。

これは本当に大切なことだな…と思いました。

私自身、今息子の通っている保育園に対して思うことがあったりして、モヤモヤと考えているタイミングで…。
でも竹山さんのお話を伺って、感情的になっている自分に気づき、
「息子がどうなったら一番ハッピーなのか?」を考え、
自分の言い方、考え方に問題はなかったか?を考える、とってもいい機会になりました。

利用できる福祉サービスについて

今回のお話の中で、
「保育所等訪問支援サービス」や「巡回相談支援」というものがあることを教えていただきました。

実際に使ったことのある方も参加者の中にいらっしゃったのですが、
「何か問題があってはじめて使えるものだと思っていた!」とおっしゃっていました。
使えるかどうかは市町の判断になるのでわからないけれど、
そういうサービスがあるということ、申請だけでもしてみるといいということを
情報として知ることができたのはとても大きかったのではないかと思います。
(「巡回相談支援」は普通級でも使えるようなので、私も知ることができてよかったです。)

参加しての私の感想

今回のテーマの中では「親も学校も万能じゃない。
一緒に失敗してくれるとうれしい!と思えるチームでありたい。」と
竹山さんがおっしゃっていたのが一番印象的でした。

これはすごく前向きだし、チームで目標に向かって進んでいこうと思えるのは、
支援される子どもを含め、支援する全員にとってWin-Winでいいことしかないなぁと思いました。

そして、これは毎回思うことですが、子育てに関する考え方には、
障害児も定型発達の子どもも関係ないということ。

障害児のママパパの方が大変なことはいろいろあるからこそ、
定型発達のママパパが教わることは多いですね。
学校や支援者さんとのやりとりは、「ひと対ひと」のやりとりだから、
それは社会の中での人とのやりとりと全く同じだな、と。

次回以降のスケジュール&テーマ

さて、次回開催は8/20(金)。
テーマは「家での支援・工夫は無理なく!」。

夏休みで「いろいろがんばらなきゃ!」
と思っているママパパは、ぜひ参加してください。
無理せずに、続けられることを少しずつやっていきましょう^^

参加のお申し込みはこちらからお願いします。
https://ehonyasan.shop-pro.jp/?pid=159297734

第23回「夜の絵本カフェ」開催します!

みなさんで、お好きな絵本を持ち寄り、
お茶やお菓子を囲んで絵本トークを楽しむ「夜の絵本カフェ」。
今回もえほんやさん店内にてリアル開催します。

– – – – – – –
■開催日/7月19日(月)
■時間/18:00〜19:30
■参加費/1,500円(ドリンク&お菓子付き)
■テーマ/「ドキドキ」
※お好きな絵本を1冊ご準備ください。(絵本がなくても大丈夫です!)
■申込みはこちらのフォームから
http://tenkiame.com/ehonyasan/?page_id=284
■お問合せ先
えほんやさん
メール ehonyasan.ega@gmail.com
電話 055-900-1052
– – – – – – –

お好きな絵本をご準備いただき紹介しあっていますが、
もし紹介したい絵本がない…という場合は、
みなさんにご紹介いただいた絵本を聞いたり、
それについてお話していただくだけでも大丈夫です!
新しい絵本と出会い、絵本についてのおはなしを楽しみましょう♪

みなさんがどんな「ドキドキ」を持ってきてくださるか、
絵本とエピソードを楽しみにしています!

しもかわらゆみさんオンライントークイベント【6月26日開催終了】

こんにちは。スタッフ本田です。

6月26日(土)しもかわらゆみさんのオンライントークイベントを開催しました。
しもかわらゆみさん、ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

トークイベント前半はしもかわらさんが小さい頃どんなお子さんだったのかや、
絵本作家になる前のお話し。
お母様とのエピソードや高校生時代のお話もでてきて、自伝を読んでるようなおもしろさでした!

中盤は、どんな風に絵本をつくるのか。
「メモ魔」なんだそうです。とにかく記録するのだとか。
愛用のスケッチブックもみせてくださいました。
絵本の構成の話しにも繋がるそのあたりはとても興味深かかったです。
作家さんそれぞれ違うと思いますが、しもかわらさんならではの方法が!
動物の絵の描き方のくだりでも、実際の方法もちょっぴり動画で見せていただきました。

画風が細密画にいたったお話のときにそのきっかけについて「楽しかったんです~~~」
とおっしゃったのが、本当に楽しそうでこちらも嬉しくなってしまいました。

いよいよ後半はしもかわらさんの『ねえねえ あのね』の読み聞かせ!から、絵本の制作秘話へ。
とてもあたたかいお話が伺えました。
しもかわらさんの絵本へ込めた想いが随所にちりばめられて、じわりじわりと感動。

とにかくエピソードが盛り沢山で、楽しいトークイベントでした。

ここからは私の感想ですが、
個人的に印象的だったのは、しもかわらさんのお話の仕方。

とても、丁寧なんです。

糸をたぐってやっと手に触れるような、感情の記憶を大切にされているのだなと感じます。
ご自身の心が動いた瞬間のことからはじめて、のちにこう繋がっていくんです。とお話されるので、
聞いていると、すとんと落ちて、なるほど~とか、わかるなぁ~とぴったり寄り添って話しを聞く感覚。
このままずーっとお話ししてくれればいいのに……気持ちいい……
と思っていました。

絵の描き方のお話の途中で、「いったりきたりしながら、やっとの思いでだんだん形にしていくんです。」
とおっしゃったのですが、絵だけでなくしもかわらさんご自身が、普段から丁寧にご自分の気持ちに向き合っているのだろうなと思いました。
まさに作品にその気配を感じます。
技術的なことはさることながら、お人柄を通して作品をみるという貴重な体験になりました。
またどこかでお話きけたらうれしいなぁとその時を楽しみにします!

6/20(日)開催!吉田進み矢絵本沼講座【終了】

みなさん、「沼」ってどんなイメージをお持ちですか?

ズブズブとゆっくりと沈み込んでいく…そんなイメージを
お持ちの方が多いのではないでしょうか。

今回の絵本講座は、まさに「沼」にハマった方、
吉田進み矢さんの講座です。

えほんやさんで、進み矢さんの絵本沼風プレゼンの
動画を撮ってみました!

▼「「絵本沼」って、こんな感じ」動画(YouTube)
https://youtu.be/yCeR7gUnEg0

– – – – – – –
■イベント名:絵本を読み、愉しみ、考えて、ハマる「絵本沼講座」#えほんやさん_Zoom
■日時:2021年6月20日(日)10:00~11:30
■参加費:2,200円

■形式:えほんやさんでのオンライン講座(ネット環境でのパソコン、タブレット、スマホなどでの参加)
■内容:PowerPointを使ったプレゼン形式の絵本評論です。
今回は先日お亡くなりになった絵本作家のエリック・カールの生涯と初期の作品についてお話しします。
■青虫の必然と逡巡。

エリック・カールの生涯を見ていくことで、
彼がなぜ、絵本史上空前の世界的ベストセラー『The Very Hungry Caterpillar』(邦題:はらぺこあおむし)
をつくることができたのか?と、その日本語翻訳をすることになったもりひさしさんの逡巡について解説します。

– – – – – –

進み矢さんの沼にみなさんでいっしょにハマりましょう!
お申込みはオンラインショップのページからご決済ください。
https://ehonyasan.shop-pro.jp/?pid=160155944

【吉田進み矢(よしだすすみや) プロフィール】

絵本評論、絵本史研究をやっています。出版業界生活27年、
その間会社は6つ、ずっと児童書・絵本担当。大阪出身、埼玉在住。

★絵本を読んで考察する愉しさを、パワポを使ったプレゼン形式で伝える
「絵本沼講座」を日本各地で開催。
参加された方からは「絵本の見方が変わった」との感想多数。
ブログは「絵本沼」で検索。書評やライター、インタビュアー
としても活躍中。
ブログは「絵本沼」で検索。
https://ameblo.jp/yoshidasusumiya/

第22回「夜の絵本カフェ」開催します

みなさんで、お好きな絵本を持ち寄り、
お茶やお菓子を囲んで絵本トークを楽しむ「夜の絵本カフェ」。
今回はえほんやさん店内にてリアル開催します。

– – – – – – –
■開催日/6月21日(月)
■時間/18:00〜19:30
■参加費/1,500円(ドリンク&お菓子付き)
■テーマ/「そら」
※お好きな絵本を1冊ご準備ください。(絵本がなくても大丈夫です!)
■申込みはこちらのフォームから
http://tenkiame.com/ehonyasan/?page_id=284
■お問合せ先
えほんやさん
メール ehonyasan.ega@gmail.com
電話 055-900-1052
– – – – – – –

お好きな絵本をご準備いただき紹介しあっていますが、
もし紹介したい絵本がない…という場合は、
みなさんにご紹介いただいた絵本を聞いたり、
それについてお話していただくだけでも大丈夫です!
新しい絵本と出会い、絵本についてのおはなしを楽しみましょう♪

東條知美さん絵本講座(第3回)を開催します。

東條さんの絵本講座も中盤に差し掛かりました。
ちょうど真ん中、3回目の講座は1月17日(日)に開催です。

さて、みなさんは絵本を選ぶときにどのように選んでいらっしゃいますか?
自分が”好き”な絵本というのももちろんあると思います。
でもそれだけでいいのでしょうか?
どんなことに気をつければいいのか、ポイントを押さえると絵本を選ぶときの悩みが減るかもしれませんね!

– – – – – – – – – – – – – – – – –
今回のテーマは、『手渡す絵本を選ぶ視点』
◆「テーマと素材」
◆「多様性」と「配慮」
について学んでいきます。
– – – – – – – – – – – – – – – – –
*** 紹介予定の作品(一部) ***(2021.1.13追記)
1. 『希望の牧場』(森絵都 作/吉田尚令 絵 岩崎書店)
2. 『ひとはなくもの』(みやのすみれ作/やべみつのり 絵 こぐま社)
3. 『ええところ』(くすのきしげのり 作/ふるしょうようこ 絵 学研プラス)
4. 『たかくとびたて女の子』(ラケル・ディアス・レゲーラ 作/星野由美 訳 汐文社)
5. 『すきっていわなきゃだめ?』(辻村深月 作/今日マチ子 絵/瀧井朝世 編 岩崎書店)
6. 『ふたりママの家で』(パトリシア・ポラッコ 絵、文/中川亜紀子 訳 サウザンブックス社)
7. 『ジュリアンはマーメイド』(ジェシカ・ラブ 作/横山和江 訳 サウザンブックス社)
8. 『いろいろいろんなかぞくのほん』(メアリ・ホフマン 文/ロス・アスクィス 絵/杉本詠美 訳 少年写真新聞社)
9. 『すずちゃんののうみそ』(竹山美奈子 文/三木葉苗 絵 岩崎書店)
10. 『あいちゃんのひみつ』(竹山美奈子 取材、文/えがしらみちこ 絵 岩崎書店)
11. 『この本をかくして』(マーガレット・ワイルド 文/フレヤ・ブラックウッド 絵/アーサー・ビナード 訳 岩崎書店)
12. 『マララさんこんにちは 世界でいちばん勇敢な少女へ』(ローズマリー・マカーニー 文/西田佳子 訳 西村書店)
13. 『#もしかして…おとなにたたかれたの?おとながたすけてくれないの?』(NHK「もしかして…」制作班 編/飯田千里 絵 金の星社)
14. 『あなたのことがだいすき』(えがしらみちこ 文、絵/西原理恵子 原案 KADOKAWA)

読み聞かせ活動をされている方や、図書館にお勤めの方、またご自身のお子様に絵本を読まれるみなさんには
ぜひ聞いていただきたい内容です。

開催概要
【日程】※基本的には毎月第3日曜日開催。3月のみ第2日曜日開催。
①11/15(日)(※終了)
②12/20(日)(※終了)
③2021/1/17(日)(※申込受付中)
④2021/2/21(日)
⑤2021/3/14(日)
(第1回を聞いてみたかったという方は、連続受講にお申し込みいただければ、過去のアーカイブをお渡しできます)

【開催時間】
10:00〜11:30 講座(90分)
11:30〜12:00 質疑応答(30分)

【受講料】
●単発受講の場合…3,500円
●5回連続受講の場合…16,500円

    【東條さんより受講希望者のみなさんへ】
    親御さん、ボランティアさん、司書のみなさん、学校の先生、保育士や幼稚園の先生…
    ネットであらゆる情報が即座に手に入り、子ども向けの動画コンテンツがあらゆる場所に溢れる今も、
    「子どもによい絵本(本)を読ませたい」と望まれる方は多いことと思われます。
    子どもの育ちの中で、また社会の中で、「読むこと」はどのような意味を持ちうるのでしょうか?

    今講座は、幼児〜中高生の子どもに関わるすべての皆さまを対象に、
    楽しく癒やされる絵本…そこからさらに一歩踏み込んだ「絵本のもつ力」を実感し、
    日々の子育て、あるいはお仕事にお役立ていただけることを願って企画されました。

    想像力と思考力を育む読書、そのはじまりにある絵本について学び、今私たちにできることは何なのか…
    立ち止まり、一緒に考えてみませんか。

スケジュールとテーマ(予定)
【基本的には毎月第3日曜日開催。3月のみ第2日曜日開催。
いずれも10:00〜12:00(30分の質疑応答時間を含む)に開催します。】
①11/15(日)『絵本ってなんだろう?』
◆子どもの今(子どもを取り巻く様々な環境)
◆子どもの発達と絵本
◆大人にとっての絵本
◆たいへんな子育てを絵本で楽しく

②12/20(日)『よい絵本ってどんな絵本?』
◆ロングセラーの底力
◆子どもは絵本のどこを見ているのか

③2021/1/17(日)『手渡す絵本を選ぶ視点』
◆「テーマと素材」
◆「多様性」と「配慮」

④2021/2/21(日)『1冊の絵本を深く読む』
◆読書会
〜絵本を深く読む・他者の視点を知る〜
☆課題図書(絵本)を一冊設定し、参加者全員でその作品を読み深めます。講師による講評を行います。
☆タイトルは後日お知らせします。
☆参加人数によっては小グループに分かれて行い、最後にグループごとに発表を行う形で行います。

⑤2021/3/14(日)『絵本のちから』
◆子どもの本の持つ力
◆”メディア”としての大人 〜手渡す人へ〜


【東條知美(とうじょうともみ)さんプロフィール】
新潟県上越市出身。白百合女子大学児童文化学科卒。
在学中は桑原三郎氏(児童文学研究者)、角野栄子氏(児童文学作家)らに師事。テレビCM制作会社、(株)メディアファクトリー(現(株)KADOKAWA)、国立国会図書館、ビジネス書出版プロデュース会社、幼児教育専門学校勤務を経て、現在は絵本コーディネーターとして自治体での講演・講座活動のほか、学校図書館(小、中、高)の司書を対象とした研修企画・実施を手掛ける。司書歴15年。

東條知美さんホームページ
https://www.tojotomomi.com/

聞かせ屋。けいたろうさんの絵本夜話 ”第2夜” 開催します

新年一発目のえほんやさんのイベントは、こちら!
聞かせ屋。けいたろうさんの「絵本夜話 第2夜」です。

前回の第1夜は、けいたろうさんのデビュー作『どうぶつしんちょうそくてい』ができるまでをじっくり伺いました。
▶︎聞かせ屋。として活動しているけいたろうさんが、どのように絵本作家になったのか?
▶︎動物園にどうやって取材に行ったのか?
▶︎『どうぶつしんちょうそくてい』に出てくる動物の順番には、どのような理由が…!?

とても興味深く、「へぇ〜!」と頷く内容に、けいたろうさんの軽快なトークであっという間の90分でした。
(本当に驚くほどあっという間でした^^)

第2夜の赤ちゃん絵本の内容も、かなり期待大です!
「連休中日で予定が…」とおっしゃる方も安心してください。
お申込みいただいた方には、後日アーカイブをお送りさせていただきます。
時間をかけてじっくり、わからなかったところは何度もご覧いただけます。
そして、わからないことがあれば、いつでもご質問をお送りください!

■2021年1月10日(日)
■講座/16:00〜17:30、飲み会/17:30〜18:30(任意参加)
■参加費:2,500円(1回のみ参加の方)

お申込みは↓こちらから
https://tenkiame.com/ehonyasan/?page_id=284

今からでも3回全部に参加したい!という方は、お気軽にえほんやさんまでご連絡ください。

東條知美さん絵本講座(第2回)を開催します

絵本コーディネーターの東條知美さんによる、大人のための絵本講座を開催します。
(講座は連続5回の開催ですが、1回のみの単発受講も可能です。)

第2回目の今回は、『よい絵本ってどんな絵本?』についてお話しいただきます。
◆ロングセラーの底力
◆子どもは絵本のどこを見ているのか

今回ご紹介いただくロングセラー絵本は
①『あおくんときいろちゃん』(至光社)
②『しろくまちゃんのホットケーキ』(こぐま社)
③『じゃむじゃむどんくまさん』(至光社)
④『くんちゃんのはじめてのがっこう』(ペンギン社)
⑤『はちうえはぼくにまかせて』(ペンギン社)
⑥『くじらだ!』(岩崎書店)
⑦『キャベツくん』(文研出版)
⑧『モチモチの木』(岩崎書店)
などです。
これらロングセラーの絵本には、いったいどういう力があり、絵本を読む小さな人たちにどのような影響を与えるのでしょうか?

これらの絵本を、講座にご参加いただく前に目を通していただくとより講座の内容がわかりやすいかもしれません。

開催概要
【日程】※基本的には毎月第3日曜日開催。3月のみ第2日曜日開催。
①11/15(日)(※終了)
②12/20(日)(※申込受付中)
③2021/1/17(日)
④2021/2/21(日)
⑤2021/3/14(日)
(第1回を聞いてみたかったという方は、連続受講にお申し込みいただければ、過去のアーカイブをお渡しできます)

【開催時間】
10:00〜11:30 講座(90分)
11:30〜12:00 質疑応答(30分)

【受講料】
●単発受講の場合…3,500円
●5回連続受講の場合…16,500円

    【東條さんより受講希望者のみなさんへ】
    親御さん、ボランティアさん、司書のみなさん、学校の先生、保育士や幼稚園の先生…
    ネットであらゆる情報が即座に手に入り、子ども向けの動画コンテンツがあらゆる場所に溢れる今も、
    「子どもによい絵本(本)を読ませたい」と望まれる方は多いことと思われます。
    子どもの育ちの中で、また社会の中で、「読むこと」はどのような意味を持ちうるのでしょうか?

    今講座は、幼児〜中高生の子どもに関わるすべての皆さまを対象に、
    楽しく癒やされる絵本…そこからさらに一歩踏み込んだ「絵本のもつ力」を実感し、
    日々の子育て、あるいはお仕事にお役立ていただけることを願って企画されました。

    想像力と思考力を育む読書、そのはじまりにある絵本について学び、今私たちにできることは何なのか…
    立ち止まり、一緒に考えてみませんか。

スケジュールとテーマ(予定)
【基本的には毎月第3日曜日開催。3月のみ第2日曜日開催。
いずれも10:00〜12:00(30分の質疑応答時間を含む)に開催します。】
①11/15(日)『絵本ってなんだろう?』
◆子どもの今(子どもを取り巻く様々な環境)
◆子どもの発達と絵本
◆大人にとっての絵本
◆たいへんな子育てを絵本で楽しく

②12/20(日)『よい絵本ってどんな絵本?』
◆ロングセラーの底力
◆子どもは絵本のどこを見ているのか

③2021/1/17(日)『手渡す絵本を選ぶ視点』
◆「テーマと素材」
◆「多様性」と「配慮」

④2021/2/21(日)『1冊の絵本を深く読む』
◆読書会
〜絵本を深く読む・他者の視点を知る〜
☆課題図書(絵本)を一冊設定し、参加者全員でその作品を読み深めます。講師による講評を行います。
☆タイトルは後日お知らせします。
☆参加人数によっては小グループに分かれて行い、最後にグループごとに発表を行う形で行います。

⑤2021/3/14(日)『絵本のちから』
◆子どもの本の持つ力
◆”メディア”としての大人 〜手渡す人へ〜


【東條知美(とうじょうともみ)さんプロフィール】
新潟県上越市出身。白百合女子大学児童文化学科卒。
在学中は桑原三郎氏(児童文学研究者)、角野栄子氏(児童文学作家)らに師事。テレビCM制作会社、(株)メディアファクトリー(現(株)KADOKAWA)、国立国会図書館、ビジネス書出版プロデュース会社、幼児教育専門学校勤務を経て、現在は絵本コーディネーターとして自治体での講演・講座活動のほか、学校図書館(小、中、高)の司書を対象とした研修企画・実施を手掛ける。司書歴15年。

東條知美さんホームページ
https://www.tojotomomi.com/

12/5(土)絵本作家そのだえりさんのトークイベントを開催します!

『ちいさなりすのエメラルド』の作者である、そのだえりさんのトークイベントを開催します!

『ちいさなりすのエメラルド』は、とっても絵が細かくて、いろんなところに宝石のかけらが散りばめられていて、
ひとつ何かに気づいたら、「あれ?こっちはどうなってるの?」と何度もめくり直してみたくなります。

そのださんは、ご自身がエメラルドの世界に入り込んでいらっしゃるのだろうなぁと感じる緻密さです。

また、今回は、編集者の方もいっしょにご参加くださいます。
絵本がどうやってできあがっていくのか、作者と編集者のお二人の視点からお話を伺うことができるので、とても楽しみです。

■開催日時:12/5(土)14:00〜15:30
■参加費:2,000円
■えほんやさんzoomにて
■お申込み、お問い合わせはえほんやさんまでお願いします。

参加ご希望の方は、下記フォームからお申込みください☺️

イベント申込フォーム

当日、トークイベント中に絵を描いているところをみせていただけます!
可愛いエメラルドがどのように描かれていくのか、リアルタイムで観てみませんか?

zoomを利用したトークイベントでは、普段絶対に見ることのできない作家さんのアトリエなどを見ることができて、とてもワクワクします。
オンラインだからこそのよさを味わってください。

トークイベント「『あいちゃんのひみつ』ができるまで」を開催します

12/9(水)10:00 ~11:30
竹山美奈子さん、えがしらみちこさんによるトークイベント
「『あいちゃんのひみつ』ができるまで」を開催します!

ダウン症のことをお手紙形式で書かれたこちらの絵本。
作者のお二人に本を出すことになったいきさつや、文章や絵を描くときに大切にしたことや障害のとらえ方などを伺っていきたいと思います。

■日時 12/9(水)10:00〜11:30
■参加費 2,000円
■オンライン会議システムzoomにて開催

参加のお申し込みはこちらのフォームからお願いします。
https://tenkiame.com/ehonyasan/?page_id=284
子育て中のママ
絵本好きな方
子どもの教育・支援にたずさわる方
にご参加いただけると嬉しいです!

11/20(金)〜12/25(金)『ちいさなりすのエメラルド』絵本原画展開催

今年開催する最後の原画展は、『ちいさなりすのエメラルド』(そのだえり/文溪堂)です。

かわいらしいりすのエメラルド。
いつもはうさぎのガーネットが絵本を読んでくれるので眠れるのですが、今夜はガーネットが出かけてしまいました。

エメラルドは、絵本を読んでくれる誰かをさがして、夜のお外に出かけます。

「この ごほん よんで くださらない?」

かわいらしい言葉づかいで、ちょっとおしゃまなエメラルド。
絵本で見てもかわいらしさが伝わってくるのですが、きっと原画では、エメラルドの毛並みのいっぽんいっぽんの美しさに
思わず撫でたくなりそうです。
そのふわふわな毛並みから、なんだか幸せな空気が醸し出されている気がします。

また作者のそのだえりさんのクリスマス絵本『みならいサンタ』(文溪堂)の絵本になる前の原画も1枚お借りします。
クリスマスにぴったりの絵本で、こちらもおすすめです。

原画展開催中には、サイン本はもちろん、ポストカードやミニ原画もご準備いただきます。

また、12/5(土)には作者のそのだえりさんによるトークイベント(zoomにて開催)も行います。
■開催日時:12/5(土)14:00〜15:30
■参加費:2,000円

トークイベントのお申し込みはこちらからお願いいたします。

イベント申込フォーム

ゆき先生の 絵本をつかって音あそび(vol.3)

静岡県東部で活躍されている、リトミック講師の峯松ゆきさんに絵本を使った音あそびを開催していただきます。
『さわって さわって』(えがしらみちこ/小学館)のPV曲も作ってくださった先生です!
普段の読み聞かせに音楽をプラスして、絵本といっしょに遊ぶ感覚でご参加ください!
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

■日にち■
2020年12月4日(金)

■0歳児向け■※まだ一人で歩けないお子様向けの内容になります。
時間 10:00〜10:30
参加費 800円(大人1名、子ども1名) ・定員 3組(要予約)
(会場が狭いため、1名増えるごとに400円追加となります)

■1、2歳児向け■※0歳児でひとり歩きできるお子様はこちらにご参加ください。
時間 11:00〜11:40
参加費 1,000円(大人1名、子ども1名) /定員 3組(要予約)
(会場が狭いため、1名増えるごとに500円追加となります)

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
各回とも最少催行は2組です。

お申し込みは店頭、お電話(055-900-1052)、
こちらの「イベント申込フォーム」までお願いします。

イベント申込フォーム


(予約の際には、お子様の月齢をお伝えください。)

11/11(水)田中清代さんが在店してくださいます!

現在原画展開催中(〜11/16(月))の『くろいの』(偕成社)の作者である田中清代さんが、えほんやさんに在店してくださいます。

日程:2020年11月11日(水)
時間:10:30〜12:00/13:00〜15:00

会期中最後の在店となりますので、お時間の合う方は、田中清代さんに会いにこられてくださいね!
狭い店内で密になるのを防ぐため、事前の予約をお願いいたします。
予約はお電話(055−900−1052)か、こちらのフォームでお願いいたします。→★来店予約フォーム

【新型コロナウィルス感染拡大予防についてのお願い】

お客様につきましては、以下の内容をご確認の上、ご来店くださいますようお願いいたします。

・発熱等体調のすぐれない方はご来店をご遠慮ください。
・ご来店時にはマスクを着用し、消毒をお願いいたします。
・密にならぬよう、お客様同士のご配慮をお願いいたします。
・事前予約なくご来店いただいた場合、混雑時には、入場をお待ちいただく場合があるかと思いますが、ご了承ください。

皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

第18回「zoomで夜の絵本カフェ」を開催します

毎回みなさんにご好評の夜の絵本カフェを、今月もオンラインツールZoomを使って開催します。
普段は三島まで来ることができない方にもご参加いただけます。
毎回みなさんに持ち寄っていただいた1冊の絵本をご紹介いただいて、いろいろな絵本に出会うことができるとても楽しいイベントです。
お好きな絵本をご準備いただき紹介しあっていますが、もし紹介したい絵本がない…という場合は、みなさんにご紹介いただいた絵本を聞いたり、それについてお話していただくだけでも大丈夫です!
新しい絵本と出会い、絵本についてのおはなしを楽しみましょう♪

– – – – – – – – – – – – – – –

第18回「zoomで夜の絵本カフェ」(要予約)
▶︎日時:11月30日(月)18:30〜20:00
▶︎定員:7名
▶︎参加費:700円
※お好きな絵本を1冊ご準備ください。(絵本がなくても大丈夫です!)

●お申し込みは下記のイベントお申し込みフォームから。
https://tenkiame.com/ehonyasan/?page_id=284

『くろいの』関連商品を販売しています

今回の原画展では、たくさんの関連商品をご準備いただきました。
まずは、『くろいの』サイン本。

くろいのがお花を1輪持っている、かわいいデザインです。

そして帯には、出版社さんが「サイン入り」シールを貼ってくださっています。

次に、ポストカード。
こちらは全部で8種類あります。

裏面には、くろいのが。
こちらは絵本の裏表紙のくろいのですね^^

ポストカードはオンラインショップにも掲載しています。
↓こちらをご覧ください。

そして、複製版画。
2018年の個展の時に製作された小作品2点、古い小さな「くろいの」の版画も販売させていただきます。
この3点は絵本には載っていないモチーフなので、原画展でしか見ることができません。

シートのみ、額装どちらも対応可能です。

この”くろいの”は、一番最初に田中さんが考えた時のモチーフだそうです!(貴重!!)

それから、なんと!
絵本『くろいの』本文の版画も販売させていただけることになりました!
販売は全てのページ(表紙含む)が可能です。(ただし展示されている絵本原画そのものは販売できません。)
受注後に田中清代さんに刷っていただくので、お渡しまで2ヶ月ほどかかります。
大きさなどによって価格が違いますので、希望される方はお気軽にお問い合わせください。
片ページの絵は3万円プラス消費税、見開きの大きい絵は5万円〜6万円ほど(シートのみの価格)です。

すごく贅沢な商品ばかりで、財布の紐が緩んで仕方ありません^^;

絵本作家田中清代さんトークイベントを開催します

本日から始まりました『くろいの』原画展。(会期:10/16(金)〜11/6(日))

こちらの原画展を記念して、作者の絵本作家田中清代さんによるトークイベントを開催いたします。

■日程 2020/11/14(金)
■時間 10:00〜11:30
■参加費 2,000円

今回のイベントは、オンライン会議システムzoomを利用しての開催となります。
遠方の方にもご参加いただけますので、多くのご参加をお待ちしております!
zoomを利用したトークイベントでは、普段絶対に見ることのできない作家さんのアトリエなどを見ることができて、とてもワクワクします。
オンラインだからこそのよさを味わってください。

参加のお申し込みはこちらのフォームからお願いします。

何かご不明な点がございましたら、お気軽にえほんやさんへお問い合わせください。
電話 055-900-1052
メール ehonyasan.ega@gmail.com

『くろいの』原画展&トークイベント開催します(10/16〜11/16)

明日10/16(金)から久しぶりの原画展を開催します。
今回の原画展は、『くろいの』(田中清代/偕成社)。

こちらの絵本は国内外で、絵本の賞をトリプル受賞しています。
●第25回日本絵本賞大賞
●第68回小学館児童出版文化賞
●第4回ナミコンクール・パープルアイランド賞
多くの方にご覧いただきたい作品です!

銅版画で描かれたモノクロの世界。モノクロなのに、暖かさを感じます。
女の子と”くろいの”の交流が描かれているのですが、一体”くろいの”は何なのか…。

絵本で見ても、その緻密さに思わずため息が出そうなほどの絵。
今回の原画展では、さらにその繊細な線の一本いっぽんを間近で見ることができます。

ぜひこの機会に原画の素晴らしさに圧倒されてください。

また、原画展開催期間中に著者の田中清代さんによるトークイベントを開催します。
こちらは、オンライン会議ツールzoomを利用しての開催となります。
▶︎日時 2020年11月14日(土)
    10:00〜11:30
▶︎参加費 2,000円
▶︎進行役は、えほんやさんのひろこ店長です。
▶︎申し込み えほんやさんへ電話、もしくは下記お申し込みフォームよりお願いいたします。

第17回「zoomで夜の絵本カフェ」を開催します

毎回みなさんにご好評の夜の絵本カフェを、今月もオンラインツールZoomを使って開催します。
普段は三島まで来ることができない方にもご参加いただけます。
毎回みなさんに持ち寄っていただいた1冊の絵本をご紹介いただいて、いろいろな絵本に出会うことができるとても楽しいイベントです。
お好きな絵本をご準備いただき紹介しあっていますが、もし紹介したい絵本がない…という場合は、みなさんにご紹介いただいた絵本を聞いたり、それについてお話していただくだけでも大丈夫です!
新しい絵本と出会い、絵本についてのおはなしを楽しみましょう♪

– – – – – – – – – – – – – – –

第17回「zoomで夜の絵本カフェ」(要予約)
▶︎日時:10月26日(月)18:30〜20:00
(※開始時間が今までよりも30分遅くなっています。ご注意ください。)
▶︎定員:7名
▶︎参加費:700円
※お好きな絵本を1冊ご準備ください。(絵本がなくても大丈夫です!)

●お申し込みは下記のイベントお申し込みフォームから。

イベント申込フォーム

第16回「zoomで夜の絵本カフェ」を開催します

毎回みなさんにご好評の夜の絵本カフェを、今月もオンラインツールZoomを使って開催します。
普段は三島まで来ることができない方にもご参加いただけます。
毎回みなさんに持ち寄っていただいた1冊の絵本をご紹介いただいて、いろいろな絵本に出会うことができるとても楽しいイベントです。
お好きな絵本をご準備いただき紹介しあっていますが、もし紹介したい絵本がない…という場合は、みなさんにご紹介いただいた絵本を聞いたり、それについてお話していただくだけでも大丈夫です!
新しい絵本と出会い、絵本についてのおはなしを楽しみましょう♪

– – – – – – – – – – – – – – –

第16回「zoomで夜の絵本カフェ」(要予約)
▶︎日時:9月28日(月)18:30〜20:00
(※開始時間が今までよりも30分遅くなっています。ご注意ください。)
▶︎定員:7名
▶︎参加費:700円
※お好きな絵本を1冊ご準備ください。(絵本がなくても大丈夫です!)

●お申し込みは下記のイベントお申し込みフォームから。

イベント申込フォーム

『だれだれ?ハロウィン』刊行記念 えがしらみちこトークイベント開催します!

えがしらみちこの新刊絵本『だれだれ?ハロウィン』の刊行を記念して、トークイベントを開催します。
進行はひろこ店長が行います。

今回もzoomを利用してオンラインでの開催となります。
姉妹でのトークイベントは、普段のイベントよりも緊張しそうな予感…笑

【タイトル】「子育ての経験から一冊の絵本ができるまで」
【日にち】2020年9月25日(金)
【時間】10:00〜11:30
【参加費】2,000円

●絵本作家になったきっかけ
●子育てをしながらで、制作時間の確保について
●今回の絵本を作ろうと思ったきっかけ

などなど伺っていきたいと思います!

さらに、イベント中に抽選をおこない、当選者3名には、ハロウィンに仮装したイラストをプレゼントさせていただきます!
*応募方法*
①えほんやさんのインスタグラムをフォローをお願いします
②イベントにお申し込みくださった方が対象です
③9/24(木)までにイベント参加費をお支払いください

お申し込みこちらのイベント申込フォームからお願いします。

イベント申込フォーム

Scroll to top