トイレも人も「スッキリ」することが大切です

『おトイレさんびょうきになる』
(きたがわめぐみ /教育画劇)

昨日ご紹介した『おトイレさん』の続きのおはなし。
おトイレさんは、今日も森のみんなのおトイレを一気に引き受けます。
でも今日は珍しいうんちや、たっぷりうんちをお世話します。

すると…さすがのおトイレさんもちょっと具合が悪くなってしまいました。
そんなおトイレさんのピンチを救ってくれるのは、かの有名なすっぽん先生!
みんなで応援しながら、おトイレさんの病気を治します。

みんなが出せなくて苦しいのと同じように、おトイレさんも詰まってしまうととっても苦しいようです。
やっぱり「スッキリ」って大切なことなんですね。

トイレを我慢しがちな年齢のとき、この絵本をいっしょに読んでみるのもいいかもしれませんね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top