第4回絵本講座開催します! 講師は絵本コーディネーター東條知美さんです

絵本コーディネーター東條知美さんによる絵本講座。
次回の4回目は2月21日(日)に開催です。

第4回目の講座では、1冊の絵本を題材にして、参加者のみなさんで対話する場面があります。
ある絵本(課題図書は後日ご連絡させていただきます)を読んで、みなさんがどのように感じたのか
自分以外の人がどのように感じたのかを知る内容です。

他者の視点を知ることで、絵本を読む幅が広がり、複眼的な目を養うことができます。

– – – – – – – – – – – – – – – – –
今回のテーマは、『1冊の絵本を深く読む』
◆読書会
〜絵本を深く読む・他者の視点を知る〜
☆課題図書(絵本)を一冊設定し、参加者全員でその作品を読み深めます。講師による講評を行います。
☆タイトルは後日お知らせします。
☆参加人数によっては小グループに分かれて行い、最後にグループごとに発表を行う形で行います。

また、前回講座の最後が少し入らなかったので、
『手渡す絵本を選ぶ視点』
◆「テーマと素材」
◆「多様性」と「配慮」
についても学んでいきます。
今回学ぶ「テーマ」は
●ジェンダー
●自己肯定感(自己受容)
●虐待
●多様性
– – – – – – – – – – – – – – – – –

読み聞かせ活動をされている方や、図書館にお勤めの方、またご自身のお子様に絵本を読まれるみなさんには
ぜひ聞いていただきたい内容です。

開催概要
【日程】※基本的には毎月第3日曜日開催。3月のみ第2日曜日開催。
①11/15(日)(※終了)
②12/20(日)(※終了)
③2021/1/17(日)(※終了)
④2021/2/21(日)(※申込受付中)
⑤2021/3/14(日)
(第1回を聞いてみたかったという方は、連続受講にお申し込みいただければ、過去のアーカイブをお渡しできます)

【開催時間】
10:00〜11:30 講座(90分)
11:30〜12:00 質疑応答(30分)

【受講料】
●単発受講の場合…3,500円
●5回連続受講の場合…16,500円

    【東條さんより受講希望者のみなさんへ】
    親御さん、ボランティアさん、司書のみなさん、学校の先生、保育士や幼稚園の先生…
    ネットであらゆる情報が即座に手に入り、子ども向けの動画コンテンツがあらゆる場所に溢れる今も、
    「子どもによい絵本(本)を読ませたい」と望まれる方は多いことと思われます。
    子どもの育ちの中で、また社会の中で、「読むこと」はどのような意味を持ちうるのでしょうか?

    今講座は、幼児〜中高生の子どもに関わるすべての皆さまを対象に、
    楽しく癒やされる絵本…そこからさらに一歩踏み込んだ「絵本のもつ力」を実感し、
    日々の子育て、あるいはお仕事にお役立ていただけることを願って企画されました。

    想像力と思考力を育む読書、そのはじまりにある絵本について学び、今私たちにできることは何なのか…
    立ち止まり、一緒に考えてみませんか。

スケジュールとテーマ(予定)
【基本的には毎月第3日曜日開催。3月のみ第2日曜日開催。
いずれも10:00〜12:00(30分の質疑応答時間を含む)に開催します。】
①11/15(日)『絵本ってなんだろう?』
◆子どもの今(子どもを取り巻く様々な環境)
◆子どもの発達と絵本
◆大人にとっての絵本
◆たいへんな子育てを絵本で楽しく

②12/20(日)『よい絵本ってどんな絵本?』
◆ロングセラーの底力
◆子どもは絵本のどこを見ているのか

③2021/1/17(日)『手渡す絵本を選ぶ視点』
◆「テーマと素材」
◆「多様性」と「配慮」

④2021/2/21(日)『1冊の絵本を深く読む』
◆読書会
〜絵本を深く読む・他者の視点を知る〜
☆課題図書(絵本)を一冊設定し、参加者全員でその作品を読み深めます。講師による講評を行います。
☆タイトルは後日お知らせします。
☆参加人数によっては小グループに分かれて行い、最後にグループごとに発表を行う形で行います。

⑤2021/3/14(日)『絵本のちから』
◆子どもの本の持つ力
◆”メディア”としての大人 〜手渡す人へ〜


【東條知美(とうじょうともみ)さんプロフィール】
新潟県上越市出身。白百合女子大学児童文化学科卒。
在学中は桑原三郎氏(児童文学研究者)、角野栄子氏(児童文学作家)らに師事。テレビCM制作会社、(株)メディアファクトリー(現(株)KADOKAWA)、国立国会図書館、ビジネス書出版プロデュース会社、幼児教育専門学校勤務を経て、現在は絵本コーディネーターとして自治体での講演・講座活動のほか、学校図書館(小、中、高)の司書を対象とした研修企画・実施を手掛ける。司書歴15年。

東條知美さんホームページ
https://www.tojotomomi.com/

聞かせ屋。けいたろう「絵本夜話」開催!

聞かせ屋。けいたろうさんを迎えて「絵本夜話」を開催します!

12/12(土)、1/10(日)、2/13(土)の3回連続で、けいたろうさんの絵本づくりのおはなしを伺いたいと思います。

けいたろうさんは、幼児絵本、赤ちゃん絵本、翻訳絵本といろんな種類の絵本を製作されています。
それぞれの絵本を1回の夜話で深掘りしていただきます。

5分〜10分 オープニング (自己紹介などなど)
30分 けいたろうさんの絵本づくりの話
10分〜15分 質疑応答
30分 けいたろうさんからえがしらへの質問タイム

今回は夕方に開催し、おはなしを伺ったあとにけいたろうさん、えがしらみちこを交えてオンライン飲み会も開催します!(希望の方のみ)
ざっくばらんにおはなししましょう!

– – – – – – – – – –

【開催日程・内容】
12/12(土)幼児絵本
1/10(日)赤ちゃん絵本
2/13(土)翻訳絵本

【時間】
講座/16:00〜17:30
オンライン飲み会/17:30〜18:30(ドリンク・おつまみをご用意ください)

【参加費】
3夜連続参加…7,000円
1夜のみ参加…2,500円

【開催場所】
えほんやさんzoom

– – – – – – – – – –

お申込みはこちらのフォームからお願いします。

イベント申込フォーム

東條知美さんによる絵本講座を開催します。

絵本コーディネーターの東條知美さんによる、大人のための絵本講座を開催します。
(講座は連続5回の開催ですが、1回のみの単発受講も可能です。)

今回の講座テーマは『絵本のちから〜子どもの生きる力を育む〜』
東條さんは長く学校司書としても現場でご活躍されていました。
現場でのご経験を、お話の中にふんだんに取り入れていただき、
絵本が子どもにとってどんな役割を果たすのかなども教えていただきます。

親になると「本を読む子に育ってほしい」という声を、よく耳にしますし、
私自身もそう思っていました。
でも、なぜ「本を読む子」になってほしいのでしょう?
私たちが「本(絵本)」に求めるものはなんなのでしょう?

今回の講座で、東條さんや受講者みなさんのお話を聞きながら、自分自身が「本(絵本)」に求めるものを
考え、固めていただければと思っています。

開催概要
【日程】※基本的には毎月第3日曜日開催。3月のみ第2日曜日開催。
①11/15(日)(※終了)
②12/20(日)(※終了)
③2021/1/17(日)(※申込受付中)
④2021/2/21(日)
⑤2021/3/14(日)

【開催時間】
10:00〜11:30 講座(90分)
11:30〜12:00 質疑応答(30分)

【受講料】
●単発受講の場合…3,500円
●5回連続受講の場合…16,500円

    【東條さんより受講希望者のみなさんへ】

    親御さん、ボランティアさん、司書のみなさん、学校の先生、保育士や幼稚園の先生…
    ネットであらゆる情報が即座に手に入り、子ども向けの動画コンテンツがあらゆる場所に溢れる今も、
    「子どもによい絵本(本)を読ませたい」と望まれる方は多いことと思われます。
    子どもの育ちの中で、また社会の中で、「読むこと」はどのような意味を持ちうるのでしょうか?

    今講座は、幼児〜中高生の子どもに関わるすべての皆さまを対象に、
    楽しく癒やされる絵本…そこからさらに一歩踏み込んだ「絵本のもつ力」を実感し、
    日々の子育て、あるいはお仕事にお役立ていただけることを願って企画されました。

    想像力と思考力を育む読書、そのはじまりにある絵本について学び、今私たちにできることは何なのか…
    立ち止まり、一緒に考えてみませんか。

スケジュールとテーマ(予定)
【基本的には毎月第3日曜日開催。3月のみ第2日曜日開催。
いずれも10:00〜12:00(30分の質疑応答時間を含む)に開催します。】
①11/15(日)『絵本ってなんだろう?』
◆子どもの今(子どもを取り巻く様々な環境)
◆子どもの発達と絵本
◆大人にとっての絵本
◆たいへんな子育てを絵本で楽しく

②12/20(日)『よい絵本ってどんな絵本?』
◆ロングセラーの底力
◆子どもは絵本のどこを見ているのか

③2021/1/17(日)『手渡す絵本を選ぶ視点』
◆「テーマと素材」
◆「多様性」と「配慮」

④2021/2/21(日)『1冊の絵本を深く読む』
◆読書会
〜絵本を深く読む・他者の視点を知る〜
☆課題図書(絵本)を一冊設定し、参加者全員でその作品を読み深めます。講師による講評を行います。
☆タイトルは後日お知らせします。
☆参加人数によっては小グループに分かれて行い、最後にグループごとに発表を行う形で行います。

⑤2021/3/14(日)『絵本のちから』
◆子どもの本の持つ力
◆”メディア”としての大人 〜手渡す人へ〜


    【東條知美(とうじょうともみ)さんプロフィール】
    新潟県上越市出身。白百合女子大学児童文化学科卒。在学中は桑原三郎氏(児童文学研究者)、角野栄子氏(児童文学作家)らに師事。テレビCM制作会社、(株)メディアファクトリー(現(株)KADOKAWA)、国立国会図書館、ビジネス書出版プロデュース会社、幼児教育専門学校勤務を経て、現在は絵本コーディネーターとして自治体での講演・講座活動のほか、学校図書館(小、中、高)の司書を対象とした研修企画・実施を手掛ける。司書歴15年。

    東條知美さんホームページ
    https://www.tojotomomi.com/

東條知美さん絵本講座「えほんの力」について(※追記あり)

(2020.9.28追記)
こちらの講座は、11月からの5回連続に変更させていただきます。
日程は下記のようになります。

月1回基本は第3日曜日に開講です。(3月のみ第2日曜日開催)
①11/15(日)
②12/20(日)
③2020/1/17(日)
④2020/2/21(日)
⑤2020/3/14(日)

– – – – – – – – – – – –

先日告知させていただいた、東條知美さんによる10月スタートの絵本講座。
今決まっていることから徐々にお伝えさせていただきますね!

【告知動画】
講座の中で伝えたいことなどをお話しいただいています。

【日程】
月1回基本は第3日曜日に開講です。(3月のみ第2日曜日開催)
①10/18(日)
②11/15(日)
③12/20(日)
④2020/1/17(日)
⑤2020/2/21(日)
⑥2020/3/14(日)

【開催時間】
10:00〜12:00(30分の質疑応答を含む)

【金額】
3,500円/1回あたり
全6回通しで受講の場合は20,000円

各回動画を撮影しますので、もし「通し受講を申し込んだけど、この日は参加できない!」という場合も
録画をお渡しいたしますのでご安心ください。

各回の内容について、決定次第またご案内させていただきます。

zoomの使い方(スマホ、タブレット利用編)

えほんやさんで開催するトークイベントや夜の絵本カフェで「zoom」というシステムを使用するものがあります。
こちらでは、その「zoom」の使い方を説明しています。

★こちらはスマホ・タブレットを利用する場合の方法です。
PCを利用する場合はこちらをご覧ください。

まずは「zoom」のアプリをダウンロードします。

(iPhone・iPad)Apple AppStore、またはSafariで「Zoom」を検索 もしくは、下記よりダウンロード
https://apps.apple.com/us/app/zoom-cloud-meetings/id546505307

(Android)Google Playで「Zoom Meetings」を検索 もしくは、下記よりダウンロード
https://play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings

アプリを立ち上げ「サインアップ」をタップ。その後「メールアドレス」「姓名」を入力し、返送されてきたメールから必要事項を入力し登録完了となります。


イベント当日アプリを起動し、”ミーティングに参加”をクリック。ミーティングID、パスワードを入力して入室します。

zoomの使い方(PC利用編)

えほんやさんで開催するトークイベントや夜の絵本カフェで「zoom」というシステムを使用するものがあります。
こちらでは、その「zoom」の使い方を説明しています。

★こちらはPCを利用する方法です。
タブレット、スマートフォンのアプリを利用する方法はこちらをご覧ください。

A)PCからアプリをダウンロードして参加する場合
PC版「zoom」のアプリをダウンロード

「zoom」アプリを開いてから”サインイン”


”無料でサインアップ”をクリック


その後「メールアドレス」を入力し、返送されてきたメールから必要事項を入力し登録完了となります。

イベント当日アプリを起動し、”ミーティングに参加”をクリック


ミーティングID、パスワードを入力して入室します。

 

 

B)PCのブラウザを利用して参加する場合

PCのブラウザから「zoom」を開き、”無料でサインアップする”をクリック

 


その後「メールアドレス」を入力し、返送されてきたメールから必要事項を入力し登録完了となります。

 


イベント当日、PCのブラウザから「zoom」を開き、”ミーティングに参加”をクリック

 


ミーティングID、パスワードを入力して入室します。

みなさまへの大切なお知らせ

いつもえほんやさんのことを気にかけてくださいまして、ありがとうございます。
えほんやさんは現在4月5日(日)までの営業自粛とさせていただいておりますが、期間を延長して5月10日(日)まで休業することに決めました。

私たちのような個人店は、お店を開けなくても、日々の家賃や光熱費や通信費など基本料金がかかっていきます。
お店を閉めるということは、その分マイナスが増えていくということになり、それがそのまま私たちの生活へと影響してきます。

先が読めない不安の中、休業してしまうと生きていけないので、ヒヤヒヤしながらオープンしているお店や、テイクアウトに切り替えられているお店、換気や衛生に気をつけながら営業されているお店もあります。日々、悩まれて決断されているのです。

ネットではできない体験、実店舗で顔が見えて、コミュニケーションが取れリアルな体験を提供しているお店が、国や自治体からのケアが何も無く、このさき閉店していくことになると、どんな世界が待っているのでしょうか。

私たち個人店が治めているお金は、何を助けるために使われているのだろう…と、今の政治への不信感が募っていくばかりです。

(でも、結果的に私たちが選んだ人たちの判断なのだから、あまり批判はできないですね。これを機に、誰を選ぶか…を、積極的に考えていく時代になってきたのだと思っています。)

とはいえ、三島市の隣町である長泉町で感染者が確認されたこともあり、今後の感染の広がりを懸念しています。

大きな都市では、ベッドの数が足りなくてもうすこしで医療が崩壊してしまいそうです。
感染の恐怖を抑えながらも医療の現場で頑張っている方を支えるには、感染者数が膨らんでしまうまえに、自分ができることを考えて自主的に行動しようと思いました。

えほんやさんの休業なんて、たいした力になれないかもしれませんが、ほんのすこしでもお役にたてれば…と願っています。

また、休業にともない、予定していたイベントも一旦中止とさせていただきます。
(参加予定だったみなさんには、個別に連絡させていただきます。)

状況の変化に伴い、変更することもあると思いますが、ご了承いただけると幸いです。

実店舗はお休みですが、オンラインショップは通常営業していますので、よろしかったらご利用ください。
https://ehonyasan.shop-pro.jp/
いつもより発送のペースが遅れてしまうこともありますが、
できるだけ早く、丁寧にお送りさせていただきます!

5月中旬になって「あのときは大変だったね〜!」と笑ってみなさんと話せますように。
またお会い出来る日を心待ちにしております。

えほんやさん
代表:えがしらみちこ
店長:福江寛子

おはなし会情報&読み手さん募集

毎週、定期的に開催しているおはなし会の情報です。

 

【園児向けおはなし会】

毎週水曜日 15時00分〜15時20分

(12月26日、1月2日はお休み)

【0,1,2歳向けおはなし会】

毎週木曜日 11時00分〜11時20分

(12月27日、1月3日はお休み)

おはなし会で絵本を読んで下さる読み手さんも現在募集中です!

参加頂ける日程などの調整も可能です。

はじめての方でも大歓迎です。
楽しく絵本を読みましょう!
たくさんの方からのご応募お待ち致しております^^

イベントお申込みフォーム

    どこでイベントのことを知りましたか?(必須)

    イベント名(必須)

    Scroll to top