ブログ

困ってしまう「どうして?」に、こんなに素敵に答えられたら…

『#めをとじてみえるのは』(#マック・バーネット /#イザベル・アルスノー /#まつかわまゆみ /#評論社 )

もうベッドに入って眠る時間。
でも、いろんなことが知りたくてたまらない!

そんな子どもの「どうして?」にパパが優しく答えます。

小さな方たちの質問は、大人が考え付かないような「どうして?」だらけで、答える方が困ってしまいますよね。
この絵本の質問も、すごく困ってしまう質問なのに、パパはとっても素敵な答えを返してくれるんです。

自分だったらこんな風に答えられるかしら…?

カバーを取った表紙も、見返しもどれも素敵なので手にとって見てみてくださいね!

【お盆期間の営業について】

お盆期間中も、いつもどおりの時間で営業しています。

遠方へのおでかけが難しいと思いますので、普段時間が合わずになかなか来られないご近所の方ににお立ち寄りいただければ、と思っています。
お盆明けの8/17(月)には『おまるちゃん』のパネル展も終了となります。

ご無理のない範囲で、お待ちしています^^

現在、実店舗は予約優先制で営業しています。

こちらからご予約ください。
https://airrsv.net/ehonyasan/calendar

(ひろこ)

「待つ」大切さを教えてくれます

今日は朝から息子くんがんばりました!✨✨
「ポンポンいたい…」と言って、いつもは隠れてオムツでしちゃうのですが、今日は自分から「トイレ行く!」と…。

じゃ、オシッコだけかなー?と思っていたら、「ウンチしたー!」と😳
本当にトイレで、できてました🙌

突然のことに親の方がびっくり!笑
一歩前進ですが、これからずっとできるわけじゃないですよね。(←と、自分に言い聞かせ…)

大人だって習慣を変えるは大変ですもんね😭
私はすぐ挫折するタイプで、続かないので、よーーくわかっているつもりなんですが、子どものこととなると、ついつい期待しちゃう。

おトイレさんの「おおきくなったら またおいで」の、待つ姿勢って、子どもの成長にとっても大切な要素なんでしょうね😊

その気になるまで、いつまでも待ってくれるおトイレさん。

おトイレさん、今ならサイン本を準備いただいています。

おかあさんのみんなの祈りがつまった絵本

『おかあさんのいのり』(武鹿悦子 /えがしらみちこ /岩崎書店)

今日は長崎原爆投下から75年。
私たちの祖父母は長崎で被爆していました。
もしそのときにどちらかが亡くなっていたら、私はここにいないのだな…と思うと、命のつながりを感じずにはいられません。

この絵本は2015年刊行なので、私はまだ母ではないときにはじめて読みました。そのときでも戦争の恐ろしさや母の気持ちが十分に伝わってきたのですが、実際に母になって改めて手に取ると、読みながら涙がこぼれました。

自分の子どもたちが戦争に行くことを想像するだけでも辛すぎます。
そんなことが起こらないよう、いつまでも平和が続くように、考え、子どもたちにも伝えていかなければならないと強く思いました。

『くろいの』原画展開催の案内

先日、ラジオで作者の田中清代さんが告知してくださってたので、聴かれた方も多いかもしれませんが、
『くろいの』(偕成社)の原画展を開催します。

期間:2020/10/16(金)〜11/16(月)
会期中には、田中さんご自身によるトークイベントも予定しています。
(詳細はまた決まり次第ご案内させてください)

えほんやさんのタイルにある田中さんのサインです!

私自身も、銅版画の原画を間近で拝見できるのを、今からすごく楽しみにしています☺️
また会期前に改めて告知させてください!

———————
田中清代さんご主演のラジオが再放送されるようです!
えほんやさんでの原画展開催のことも話してくださっています。
ぜひいずれかの再放送で聞いてみてくださいね^^

FM伊東なぎさステーション
「いとう爽やか情報局」
https://www.fmito.com/

8/8土曜日10:44
8/9日曜日12:00
8/10月曜日18:44
8/12水曜日14:30
8/14金曜日18:44

(ひろこ)

きたがわめぐみさんのトークイベントを開催しました!

少し前ですが、7月23日(祝・木)に絵本作家きたがわめぐみさんのトークイベントを開催しました。
きたがわめぐみさんは、今パネル展を開催させていただいている『おまるちゃん』(教育画劇)の作者さんです。

今回のトークイベントは、えほんやさんとしてzoomを使うのは初めてのことだたので、
うまくいくのか心配もありましたが、大きな問題もなく、無事に終了いたしました。
(ほっとひと安心^^)

イベントのはじめの方は、絵本作家の宮西達也さんや真珠まりこさんもご参加くださり、とても豪華なイベントでした!
(サプライズの登場だったので、参加されたみなさんは驚いたのではないでしょうか?^^)

きたがわさんは今回アトリエから参加してくださったので、作家さんのアトリエをチラリと見られたのも私は嬉しかったです。

『おまるちゃん』をきたがわさんご本人に読んでいただき、きたがわさんの小さい頃のことや作家になるまでの経緯、
絵本をつくる過程などをお伺いしました。
(きたがわさんが『おまるちゃん』を人前で読むのは初めてだったそうです!)

きたがわさんが絵本作家になろうと思ったのは、幼稚園先生時代に骨折してしまい、
入院したときに子どもたちからもらった「めぐみせんせい がんばってね!」のメッセージと絵に
勇気付けられ、絵の素晴らしさを感じたから。
そこからどうやったら絵本作家になれるのか…を考え、行動されたそうです。

『おまるちゃん』の読み聞かせもしていただきました。

きたがわさんが絵本作家になるまでのお話は、なかなかない珍しい経緯で、きたがわさんの可愛らしい見た目とは裏腹に
行動が”男前!”という感想が参加者の方から出るほどでした!

『おまるちゃん』の一番最初のラフなども見せていただきました。
今の『おまるちゃん』とは内容が随分ちがっているラフ。
書き込みがすごいことも私には驚きでした!

絵本づくりに関わっている”編集”のお仕事についても教えていただき、
1冊の絵本をつくるまでにかなりの時間を要していることなど、はじめて聞くことが多くありました。

「編集さんがいることで絵本がよりよくなる」ということだったで、いつかは編集さんのお話も伺ってみたいなぁと思いました。

実は『おまるちゃん』は、6年がかりで作られているそうなんです。
その6年の間、他のお仕事をしながらアイディアを待っている状態だったりするらしく、
その間、作品のことが頭の片隅にずっとあるそう…。

一般的なお仕事をしていると、なかなか6年間アイディアを待つということはないと思うので、
0から1を作りだすことの大変さを伺って驚きました!
とても大変なご苦労に、「自分がその立場だったら…」と想像して、私は苦しくなってしまうほどでした。
(感情移入しすぎ…?笑)

笑顔がとってもキュートなきたがわさん!

きたがわさんご自身の魅力あふれるイベントとなりました。
とても楽しいトークイベントだったのですが、タイミングが合わずご参加いただけない方もいらっしゃったと思います。

きたがわさん、教育画劇さんにご許可いただき、トークイベントの動画をオンラインショップで販売しています。

YouTubeでご覧いただけますので、ご興味ある方はオンラインショップからお求めください!
※『おまるちゃん』の読み聞かせ部分は著作権の関係でカットしています。
※宮西達也さん、真珠まりこさんは、声だけの出演となっています。

絵本作家を目指す方にも楽しんでいただける内容だと思います^^

ご参加くださったみなさん、きたがわめぐみさん、宮西達也さん、真珠まりこさん、どうもありがとうございました!

zoomの使い方(スマホ、タブレット利用編)

えほんやさんで開催するトークイベントや夜の絵本カフェで「zoom」というシステムを使用するものがあります。
こちらでは、その「zoom」の使い方を説明しています。

★こちらはスマホ・タブレットを利用する場合の方法です。
PCを利用する場合はこちらをご覧ください。

まずは「zoom」のアプリをダウンロードします。

(iPhone・iPad)Apple AppStore、またはSafariで「Zoom」を検索 もしくは、下記よりダウンロード
https://apps.apple.com/us/app/zoom-cloud-meetings/id546505307

(Android)Google Playで「Zoom Meetings」を検索 もしくは、下記よりダウンロード
https://play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings

アプリを立ち上げ「サインアップ」をタップ。その後「メールアドレス」「姓名」を入力し、返送されてきたメールから必要事項を入力し登録完了となります。


イベント当日アプリを起動し、”ミーティングに参加”をクリック。ミーティングID、パスワードを入力して入室します。

zoomの使い方(PC利用編)

えほんやさんで開催するトークイベントや夜の絵本カフェで「zoom」というシステムを使用するものがあります。
こちらでは、その「zoom」の使い方を説明しています。

★こちらはPCを利用する方法です。
タブレット、スマートフォンのアプリを利用する方法はこちらをご覧ください。

A)PCからアプリをダウンロードして参加する場合
PC版「zoom」のアプリをダウンロード

「zoom」アプリを開いてから”サインイン”


”無料でサインアップ”をクリック


その後「メールアドレス」を入力し、返送されてきたメールから必要事項を入力し登録完了となります。

イベント当日アプリを起動し、”ミーティングに参加”をクリック


ミーティングID、パスワードを入力して入室します。

 

 

B)PCのブラウザを利用して参加する場合

PCのブラウザから「zoom」を開き、”無料でサインアップする”をクリック

 


その後「メールアドレス」を入力し、返送されてきたメールから必要事項を入力し登録完了となります。

 


イベント当日、PCのブラウザから「zoom」を開き、”ミーティングに参加”をクリック

 


ミーティングID、パスワードを入力して入室します。

想像力でいろいろなものを見てみましょう

『なにかしら』(きたがわめぐみ/ 赤ちゃんとママ社)
こちらは今パネル展を開催させていただいている『#おまるちゃん』の作者きたがわめぐみさんの絵本。

1つのコップが「なにかしら?」と想像力をふくらませると、いろんなものに見えてきます。

こんな風に、当たり前と思って見てしまいがちなものを想像力を使って考えると世界が大きく広がりますね。

この作品はトークイベントの中でもおはなしした”紙やすり”に描かれています。
よーくみたら、紙やすりの質感も感じられます。
おはなしを楽しみながら、じっくりよくよく見てみてくださね^^

(ひろこ)

トイレも人も「スッキリ」することが大切です

『おトイレさんびょうきになる』
(きたがわめぐみ /教育画劇)

昨日ご紹介した『おトイレさん』の続きのおはなし。
おトイレさんは、今日も森のみんなのおトイレを一気に引き受けます。
でも今日は珍しいうんちや、たっぷりうんちをお世話します。

すると…さすがのおトイレさんもちょっと具合が悪くなってしまいました。
そんなおトイレさんのピンチを救ってくれるのは、かの有名なすっぽん先生!
みんなで応援しながら、おトイレさんの病気を治します。

みんなが出せなくて苦しいのと同じように、おトイレさんも詰まってしまうととっても苦しいようです。
やっぱり「スッキリ」って大切なことなんですね。

トイレを我慢しがちな年齢のとき、この絵本をいっしょに読んでみるのもいいかもしれませんね^^

Scroll to top