『おててだあれ?』トークイベントのPR動画を撮りました

現在えほんやさんでパネル展開催中の絵本『おててだあれ?』。
こちらの絵本作家のふくながじゅんぺいさんとたかしまてつをさん、編集者さん、絵本作家えがしらみちこ、ひろこ店長の5人によるトークイベントを開催します。

▶︎2020/9/12(土)10:00~11:30
▶︎参加費:1,500円

(イベント詳細は先日の記事を見てみてください^^)

先日、5名でオンラインのテストを兼ねてPR動画を撮影しました!
(YouTubeがひらきます)

なんか、私緊張してことばが出てこなかった…。
複数人でのトークイベント自体があまり経験がないため、緊張!
しかもオンラインということで、ひとりでプチパニックでした(笑)

たかしまさんは今回はじめてお会いするので、どんな方だろうな〜と思っていたら、
見た目通りの穏やかな雰囲気と話し方。
とても話しやすい方でした^^

ふくながさんはえほんやさんのオープン初日にご来店くださったことがあり、
面識はあるものの、ほとんどお話ししたことなかったのですが、
ふくながさんも優しい雰囲気が溢れてました^^

少しおはなしを伺ったのですが、もっと絵本制作の裏側について深掘りして伺いたくなりました!
どのような経緯でこの絵本を作ろうと思ったのか?
絵をたかしまさんに依頼しようと思ったのはなぜか?
なんてところもうかがってみたいと思います。

イベント当日は、ふくながさんのラフ、たかしまさんのラフも見せていただく予定です^^

今までえほんやさんでおこなったトークイベントは、作画を1人の作家さんが担当しているものばかりだったので、
今回のように作と絵が別の方というのは初めてです。
編集者さんがトークイベントに参加してくださるのもなかなかないことなので、今回も必見です!

作家さんのおはなしを直接うかがうと、絵本をみる幅がとても広がります。
今回はふくながさんに『おててだあれ?』の読み聞かせをしていただくのですが、
この絵本、きっと読む人によって雰囲気が随分変わるのだろうなと思います。

ちなみに、私が読むとちょっと宴会っぽく?なってしまうので、他の方の読み方がすごく気になります!

小さい方たちに読み聞かせをされる方にも、楽しんでいただける内容でトークイベントを行いたいと思っているので、
ぜひみなさん、ご参加ください!!

イベントのお申し込みはこちらからお願いします。
https://tenkiame.com/ehonyasan/?page_id=284

いつもはイベント終了後にアーカイブの販売を行うのですが、今回は事後の販売は行いません。
事前にお申し込みいただいた方にのみ動画をお渡しいたします。

『おててだあれ?』トークイベントを開催します

現在開催中の『おてて だあれ?』のパネル展の関連イベントとして、
作者ふくながじゅんぺいさん、たかしまてつをさんをお招きしてトークイベントを開催します。

今回は絵本作家のおふたりに加えて、出版社の担当編集さん、絵本作家のえがしらみちこさんにも
ご参加いただきます。

今回もzoomを利用してオンラインでの開催となります。

【日にち】2020年9月12日(土)
【時間】10:00〜11:30
【参加費】1,500円

●ふくながさんがこの絵本を作ろうと思ったキッカケについて
●たかしまさんが描くのが難しかった手について、苦労・工夫された点
●担当編集さんが文章をみて、絵の担当作家さんを決定するポイントや経緯
など伺いたいなと思っています。

– – – – – – – – – – – – – – – –

こちらの絵本は、帯に歌のおにいさんである”だいすけおにいさん”のコメントが掲載されています。

私も家で息子と主人に読んでいます。息子は主人といっしょに楽しそうに手遊びしてくれます^^
小さいお子さんへの読み聞かせをされている方、保育士さん、幼稚園の先生などにたくさん手にとってほしい絵本です。

また、私は以前大人の方向けの講演会のアイスブレイキングでもこちらの絵本を利用させていただきました。
両手だけを使うという、今までになかったタイプのコミュニケーション絵本だと思うので、
座った状態での大人向けのアイスブレイキングにはぴったりだなと思いました。
(通常コミュニケーション絵本というと、全身を使ったり、ぎゅーっと抱きしめたり、大人同士ではなかなかできないことが多いので…笑)

お申し込みこちらのイベント申込フォームからお願いします。
http://tenkiame.com/ehonyasan/?page_id=284

第15回「zoomで夜の絵本カフェ」を開催します

先月の夜の絵本カフェに引き続き、オンラインツールZoomを使って夜の絵本カフェを開催します。
普段は三島まで来ることができない方にもご参加いただけます。
毎回みなさんに持ち寄っていただいた1冊の絵本をご紹介いただいて、いろいろな絵本に出会うことができるとても楽しいイベントです。
お好きな絵本をご準備いただき紹介しあっていますが、もし紹介したい絵本がない…という場合は、みなさんにご紹介いただいた絵本を聞いたり、それについてお話していただくだけでも大丈夫です!
新しい絵本と出会い、絵本についてのおはなしを楽しみましょう♪

– – – – – – – – – – – – – – –

第15回「zoomで夜の絵本カフェ」(要予約)
▶︎日時:8月31日(月)18:30〜20:00
(※開始時間が今までよりも30分遅くなっています。ご注意ください。)
▶︎定員:7名
▶︎参加費:700円
※お好きな絵本を1冊ご準備ください。(絵本がなくても大丈夫です!)

●お申し込みは下記のイベントお申し込みフォームから。
http://tenkiame.com/ehonyasan/?page_id=284
※「参加予定」を押していただいただけでは参加になりませんので、必ずイベントお申し込みフォームへのご連絡をお願いします。

きたがわめぐみさんのトークイベントを開催しました!

少し前ですが、7月23日(祝・木)に絵本作家きたがわめぐみさんのトークイベントを開催しました。
きたがわめぐみさんは、今パネル展を開催させていただいている『おまるちゃん』(教育画劇)の作者さんです。

今回のトークイベントは、えほんやさんとしてzoomを使うのは初めてのことだたので、
うまくいくのか心配もありましたが、大きな問題もなく、無事に終了いたしました。
(ほっとひと安心^^)

イベントのはじめの方は、絵本作家の宮西達也さんや真珠まりこさんもご参加くださり、とても豪華なイベントでした!
(サプライズの登場だったので、参加されたみなさんは驚いたのではないでしょうか?^^)

きたがわさんは今回アトリエから参加してくださったので、作家さんのアトリエをチラリと見られたのも私は嬉しかったです。

『おまるちゃん』をきたがわさんご本人に読んでいただき、きたがわさんの小さい頃のことや作家になるまでの経緯、
絵本をつくる過程などをお伺いしました。
(きたがわさんが『おまるちゃん』を人前で読むのは初めてだったそうです!)

きたがわさんが絵本作家になろうと思ったのは、幼稚園先生時代に骨折してしまい、
入院したときに子どもたちからもらった「めぐみせんせい がんばってね!」のメッセージと絵に
勇気付けられ、絵の素晴らしさを感じたから。
そこからどうやったら絵本作家になれるのか…を考え、行動されたそうです。

『おまるちゃん』の読み聞かせもしていただきました。

きたがわさんが絵本作家になるまでのお話は、なかなかない珍しい経緯で、きたがわさんの可愛らしい見た目とは裏腹に
行動が”男前!”という感想が参加者の方から出るほどでした!

『おまるちゃん』の一番最初のラフなども見せていただきました。
今の『おまるちゃん』とは内容が随分ちがっているラフ。
書き込みがすごいことも私には驚きでした!

絵本づくりに関わっている”編集”のお仕事についても教えていただき、
1冊の絵本をつくるまでにかなりの時間を要していることなど、はじめて聞くことが多くありました。

「編集さんがいることで絵本がよりよくなる」ということだったで、いつかは編集さんのお話も伺ってみたいなぁと思いました。

実は『おまるちゃん』は、6年がかりで作られているそうなんです。
その6年の間、他のお仕事をしながらアイディアを待っている状態だったりするらしく、
その間、作品のことが頭の片隅にずっとあるそう…。

一般的なお仕事をしていると、なかなか6年間アイディアを待つということはないと思うので、
0から1を作りだすことの大変さを伺って驚きました!
とても大変なご苦労に、「自分がその立場だったら…」と想像して、私は苦しくなってしまうほどでした。
(感情移入しすぎ…?笑)

笑顔がとってもキュートなきたがわさん!

きたがわさんご自身の魅力あふれるイベントとなりました。
とても楽しいトークイベントだったのですが、タイミングが合わずご参加いただけない方もいらっしゃったと思います。

きたがわさん、教育画劇さんにご許可いただき、トークイベントの動画をオンラインショップで販売しています。

YouTubeでご覧いただけますので、ご興味ある方はオンラインショップからお求めください!
※『おまるちゃん』の読み聞かせ部分は著作権の関係でカットしています。
※宮西達也さん、真珠まりこさんは、声だけの出演となっています。

絵本作家を目指す方にも楽しんでいただける内容だと思います^^

ご参加くださったみなさん、きたがわめぐみさん、宮西達也さん、真珠まりこさん、どうもありがとうございました!

第14回「zoomで夜の絵本カフェ」を開催します

先月の夜の絵本カフェに引き続き、オンラインツールZoomを使って夜の絵本カフェを開催します。
普段は三島まで来ることができない方にもご参加いただけます。
毎回みなさんに持ち寄っていただいた1冊の絵本をご紹介いただいて、いろいろな絵本に出会うことができるとても楽しいイベントです。
お好きな絵本をご準備いただき紹介しあっていますが、もし紹介したい絵本がない…という場合は、みなさんにご紹介いただいた絵本を聞いたり、それについてお話していただくだけでも大丈夫です!
新しい絵本と出会い、絵本についてのおはなしを楽しみましょう♪

第14回「夜の絵本カフェ」(要予約)
日時:7月27日(月)18:30〜20:00
(※開始時間が今までよりも30分遅くなっています。ご注意ください。)
定員:7名
参加費:700円

※お好きな絵本を1冊ご準備ください。(絵本がなくても大丈夫です!)
お申し込みは下記のイベントお申し込みフォームからお願いします。
http://tenkiame.com/ehonyasan/?page_id=284

きたがわめぐみさんトークイベント開催します

『おまるちゃん』パネル展関連イベントとして、作者のきたがわめぐみさんをお招きしてトークイベントを行います。
おまるちゃん制作についてのおはなしや、きたがわさんが絵本作家になるまでについてのアレコレ伺いたいと思います。
オンライン会議システムzoomを利用してのトークイベントとなりますので、遠方の方もぜひご参加ください。
進行役はえほんやさんの店長ひろこです。

【日にち】2020年7月23日(祝・木)
【時間】15:00〜16:30
【参加費】1,000円

お申し込みこちらのイベント申込フォームからお願いします。
http://tenkiame.com/ehonyasan/?page_id=284

【きたがわめぐみさんプロフィール】
1979年神奈川県生まれ。
専門学校を卒業後、幼稚園教諭として就職するが、骨折のため退職。
入院中「めぐみせんせい、がんばってね!」と
子ども達にもらった絵が嬉しくて、自分でも絵を描いてみる。
もっともっと嬉しくなってしまって絵を描きはじめる。
365日ワンピースを着ていましたが、最近、20年ぶりくらいに
スカートとブラウスを買いました。

代表作品
・絵本「おトイレさん」シリーズ(教育画劇)
・童話「1ねんせいじゃ だめかなあ」(ポプラ社)
・絵本「カレーちゃん」(アリス館)
・絵本「バスまってる」(えほんの杜)
・絵本「ゆいちゃんのりぼんむすび」(PHP研究所)
・おかあさんといっしょ(Eテレ)
 歌「おかしなおかしのカーニバル」イラスト など

※本イベントはインターネット配信のみでの開催となります。
 ご購入いただいた方は、ネット環境さえあれば、ご自宅や職場など、お好きな場所でイベントをお楽しみいただけます。

Zoomで夜の絵本カフェ(第13回)

久しぶりに「夜の絵本カフェ」を開催します!
3月に開催して以来なので、3ヶ月ぶりですね。
はじめてのオンラインツールZoomを使っての開催ですので、普段は三島まで来ることができない方にもご参加いただけます。

毎回みなさんに持ち寄っていただいた1冊の絵本をご紹介いただいて、いろいろな絵本に出会うことができるとても楽しいイベントです。

お好きな絵本をご準備いただき紹介しあっていますが、もし紹介したい絵本がない…という場合は、みなさんにご紹介いただいた絵本を聞いたり、それについてお話していただくだけでも大丈夫です!
新しい絵本と出会い、絵本についてのおはなしを楽しみましょう♪

第13回「夜の絵本カフェ」(要予約)
日時:6月29日(月)18:00〜19:30
定員:7名
参加費:500円
※お好きな絵本を1冊ご準備ください。(絵本がなくても大丈夫です!)

お申し込みはえほんやさんへお電話(055-900-1052)か下記オンラインショップにてお願いします。

イベントお申し込みフォームはコチラ
https://ehonyasan.shop-pro.jp/?pid=151841875

いしいあや×えがしらみちこトークイベント「ほんやのはなし」

3月1日(日)にトークイベントを開催しました。
まずはそれぞれの自己紹介、お店紹介からスタート。

ニジノ絵本屋さんはお店のPR動画まで作成されていて、トークイベント当日はその動画も見せてくださいました。


(PR動画とか作れるのって、本当にすごいなぁ。しかも動画のクオリティが高い!)

トークテーマをいくつか準備してくださり、それぞれのお店の現状を教えていただいたり、考え方を伺えたり。
二人はとってもホンワカした雰囲気に見えるのですが、やはり経営者。
しっかりとした自分軸を持ってらっしゃって、憧れてしまいます。
その雰囲気?オーラ?は、思わず「かっこいい!」と感じました。

私はイベント企画のことがとても伺いたかったので、いしいあやちゃんに質問攻め!笑
ニジノ絵本屋さんは、当店えほんやさんとは違い、出版を行ったり、
たくさんのパフォーマーのみなさんとステージに立ったり、とてもパワフルな絵本専門店です。
その全員のスケジュール調整や連絡などを一人でやっているなんて…
私はえがしらのスケジュールだけでもいっぱいいっぱいになるのに…。


(トークをそっと見守るトートン店長(笑))

あやちゃんもえがしらも、そんなにパワフルに見えないのに、どこにそんなパワーを秘めているのか、驚きです!
二人のトークは、なかなか聞けない本屋さんの裏事情などがてんこ盛りだったので、
本屋さんを開業したい方や本が大好きな方、イベントを企画する方にとっては
とても濃い内容だったのではないでしょうか?

ぜひまた第2弾も!というお声もあったので、いつかパート2を開催できると嬉しいな^^

そして、トークイベントの後には、ちょっとした懇親会も行いました。

懇親会では、ニジノ絵本屋店長のトートンが生き生きと動きまわり、
参加者のみなさんと記念撮影するなどサービス精神旺盛な働きぶり!笑

直前まで、本当に前日の夕方まで、中止にするかどうか悩んだイベントでしたが、
結果としてはやってよかったなぁと思えるイベントでした。(個人的な感想です。)
これは何もなかったからよかったと言えるのだとは思いますが、
参加してくださったみなさんの満足そうで嬉しそうな笑顔をみることができて
人が集う空間は、ホッとするなぁと改めて感じることができました。

前日にイベントがあるかどうかの問い合わせをしてくださった方も、
「開催するなら、参加する気マンマンです!」という嬉しいお返事をいただいたり、
「イベントを中止にしても遊びに行きますよ〜」とおっしゃってくださったニジノ絵本屋さんのみなさんの
後押しを受けて開催することができました。

まだまだ今の状況がどう変化していくのかわからない毎日ですが、
イベントが開催できることのありがたさを感じた1日でした。

ご参加くださったみなさん、ニジノ絵本屋のみなさん、ありがとうございました!

(ひろこ)

第14回大人のための絵本セラピーを開催しました。

【第14回大人のための絵本セラピー】
2020.2.28(金)開催
テーマ「こんな時こそ」

いつもとは開催曜日の違う金曜日(いつもは大体月曜日に開催していました)、第14回大人のための絵本セラピーを開催しました。
新型コロナウィルスによる、小中高一斉休校の発表があって、世間がバタバタと慌ただしくなったタイミングでの開催。
ゆみさんの選んだテーマは「こんな時こそ」でした。

トークテーマの内容はわからないのですが、みなさんで楽しく笑っていたり、別のテーマではしっとりとした雰囲気が伝わってきたり。
とてもあたたかな空気に包まれていました。
はじめての状況にとまどうことが多いですが、今のこの自粛ムードの中で「いつも通りの時間を過ごす」ことができ、今回開催できてよかったな、と私(店長ひろこ)は個人的に思っています。

さて、次回は4月の開催予定です。
日程がまだ決まっていないので、決まり次第ご案内させてください!

ゆみさん、参加者のみなさん、ありがとうございました^^

「あそびうたと絵本の時間」開催しました。

昨日(3/1) 、杉川としひろさんによる「うたあそびと絵本の時間」が開催されました。

午前、午後とたくさんの親子連れの方にご参加いただきました。
私も午後の部に参加させていただいたのですが、今度また家でやろう!と思える、再現性の高い遊びばかりだったのがとてもよかったなと思いました。

子どもたちがみんなニコニコで穏やかな表情をしていたので、お母さんやお父さんが笑っていっしょにふれあっていることが、子どもたちにはとっても幸せで大切な時間なんだなぁと改めて感じることができました。

杉川さんは、絵本作家さんでもいらっしゃいます。
どろぼうがないた』(杉川としひろ 作/ふくだじゅんこ 絵/冨山房インターナショナル)
↓こちらの絵本です。

えほんやさんのカフェスペースのタイルにサインもいただきました♪

杉川さん、ご参加くださった皆様、ありがとうございました😊
(ひろこ)

タマハナさん「植物標本」ワークショップ開催しました。

今日はタマハナさんのワークショップでした。
「植物標本」って、あまり馴染みがないのですが、今回のワークショップでは、
標本箱の中に自分の好きな花材を選んで、自分好みの世界をつくるものでした。

綺麗に整列させて作ったり、立体的に散りばめたり。
とても個性豊かな作品が出来上がっていました。


まずは先生の説明を聞いて、


固定の仕方などを教えていただきます。


自分の好きな花材をとって、並べてみます。
ここで結構時間を使って考えますが、他の人のを見ると、また悩みだすとか…笑


悩みに悩んで、花材を固定していきます。


午前の方の作品はこちら(一部です)。

まったく違った雰囲気の植物標本ができあがりました!
全部違うんですが、全部いいんですよね〜。
みなさん、とてもステキに仕上がっていました。

そして、午後の部もさきほど終了しました。
午後には男性の方も参加していただきましたよ( ^ω^ )

こちらもみなさん、真剣に黙々と手を動かし、花材の組み合わせに頭を悩ませていらっしゃいました。


みなさんの作品はこちらです!
どの作品が男性の方の作品かわかりますか?

タマハナさん、ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!

種村有希子さんトークイベント『あのこのたからもの』ができるまで&サイン会

こちらのイベントは諸事情により中止いたしました。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

やさしい色使いで、かわいらしい子どもの絵を描く絵本作家の種村有希子さんにお越しいただき、『あのこのたからもの』の製作についていろんなことを伺いたいと思います。
進行役は、店長のひろこが努めさせていただきます!

当日は、種村さんに実際に絵を描いていただいて、その様子を見せていただきますよ!

こんな感じを目の前で見られるなんて!👀

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◾️日時:2020年2月29日(土)14:00~16:00
◾️参加費:2,000円(要予約)
(高校生以下のお子さんは参加費1,500円です)
◾️定員:20名

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

お申し込みは店頭、お電話(055-900-1052)、
こちらの「イベント申込フォーム」までお願いします。

イベント申込フォーム

【プロフィール】
絵本作家
種村有希子

1983年、北海道釧路市生まれ、多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。絵画や映像、インスタレーションなど、様々な表現方法で作品を手がける。
2011年、第4回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト入選、2012年、第34回講談社絵本新人賞受賞。

「あそびうたと絵本の時間」で楽しみませんか?

開催報告はこちら→

あそびうた作家・絵本作家の杉川としひろさん(Instagramアカウント@utaigumi)と一緒に「あそびうた」と「絵本」を楽しみませんか?

元保育士の杉川さんは、担任していた子どもたちのつぶやきをきっかけにオリジナルの歌を作り始めたそうですよ!
あそび歌と絵本、0歳児さんから楽しめるあそびをプラスして、みなさんで楽しみましょう^^

午前の部/10:30-11:00(満席・キャンセル待ちのみ受付中)
午後の部/13:30-14:30

参加費/1,500円(大人1名分のドリンク付!大人1名&こども1名の料金です。お子さまのドリンクは持ち込みOKです!)
(追加料金:大人1名1,000円、こども1名500円)

終わったあとは、みんなで楽しく情報交換しましょう!

普段、こういうイベントはママ&こどもの組み合わせでの参加がおおいのですが、男性が講師なので、パパも参加しやすいですよね!
ママ&こどもにパパもプラスして参加すると楽しいだろうなぁと思っちゃいます^^

パパならではの悩みを杉川さんに聞いてみるのもいいかもしれないですね。

参加したあと、パパがあそびうたを歌いながらお子さんと遊んでくれるようになったら嬉しいなぁ💕

ちなみに、大人の方だけでの参加も可能ですよ!
あそびうたを聞いてみたい!って方はぜひいらしてくださいね。

お申し込みはこちらの申し込みフォームからお願いします。

イベント申込フォーム

「ほんやのはなし」トークイベント(いしいあや×えがしらみちこ)

東京と三島、それぞれの場所で絵本専門店を営むふたりがトークします!
経営のことや、SNSで工夫していること、イベントの企画運営など…
少人数制なので、いらしてくださった方とやりとりしたり、自由にお話ししながら進行する予定です。
ネットでは言いにくいことなどもざっくばらんにおはなしできたらと思っています。

■日時:2020年3月1日(日)16:30~19:00(16:00開場)
  ・16:30~18:00 トークイベント
  ・18:00~19:00 親睦会(ドリンクと簡単なおやつをご用意させていただきます。)
■参加費:4,000円(ドリンク、親睦会費込み)
■定員:15名
■場所:えほんやさん(三島市中央町4−10)

お申し込みはこちらのフォームまでお願いします。

イベント申込フォーム

第11回「夜の絵本カフェ」開催します

今月も「夜の絵本カフェ」を開催します。

毎回みなさんに持ち寄っていただいた1冊の絵本をご紹介いただいて、いろいろな絵本に出会うことができるとても楽しいイベントです。

お好きな絵本を持ってきていただき、紹介していただいていますが、もし紹介したい絵本がない…という場合は、手ぶらでご参加ください!
新しい絵本と出会い、絵本についてのおはなしを楽しみましょう♪

第11回「夜の絵本カフェ」(要予約)
■日時:2月17日(月)18:00〜19:30
■定員:10名
■参加費:1,500円(ドリンク、お菓子付き)
※お好きな絵本を1冊ご持参ください。(絵本がなくても大丈夫です!)

お申し込みはえほんやさんへお電話(055-900-1052)か下記イベントフォームにてお願いします。

イベントお申し込みフォームはコチラ

イベントお申込みフォーム

第13回絵本セラピー開催しました

先月も絵本セラピー®️を開催していただきました。

今回のセラピストはいつも開催してくださるゆみさんのお友達のまさよさん。
ゆみさんとは違った雰囲気が流れていました。
(今回ご参加のみなさんは顔を出してもOKと許可をいただいております。)

落ち着いたトーンで読んでくださるまさよさん。
参加者のみなさんは絵本の中に入り込んでいる感じがしました。

今回は参加者が8名だったので、グループに分かれて語り合っていました。

今回のテーマは「令和もえほんから」
昔も今も変わらないこと、目に見えないけど繋がっていること、参加者のみなさんいろいろ感じてくださったようです。

次回は2月28日(金)に開催します。
イベント詳細はこちら↓
https://tenkiame.com/ehonyasan/?p=2326

お申し込みはこちら↓ からお願いします。
「イベント申込フォーム」

moma製作所さんWSでアクセサリーをつくっていただきました!

1月25日(土)にmoma製作所さんのWSを開催しました。
みなさんにモチーフを考えてきていただいて、ブローチかヘアゴムなどのアクセサリーを作るWSでした。

まずはプラ板に自分の考えてきたモチーフを色えんぴつで描きます。

これは猫のイラストですね🐈


トースターでプラ板を焼いていきます。
ここの過程は、小学校の頃に姉とプラ板で遊んだことがあるので、見ているのも「懐かしい〜」と楽しい気分になりました^^


これは姪っ子の大好きなキツネ🦊
かわいくできています。

プラ板がやけたら、次はレジンを塗り、UVライトに当てて固めます。

この作業を何度か繰り返します…。

その何度か繰り返すときに、moma製作所さんが事前にご準備くださった小さな鳥やちょうちょなどのモチーフを自分のデザインにプラスして乗せてみたり。

これで完成です!

とっても可愛いオリジナルのアクセサリーができました^^

参加してくださったみなさん、moma製作所のお二人、楽しい時間をありがとうございました!
次は3月にWSを開催していただく予定です。
また詳細が決まったらご案内させてください!

第14回「大人のための絵本セラピー」募集開始

こちらのセラピーを開催したときの様子はこちらです→★開催報告

今年初の、ゆみさんによる絵本セラピーとなります。
いつもは月曜日に開催していますが、今回は金曜日の開催となります。
月曜日だと参加が難しいけど、金曜日なら!という方がいらっしゃいましたら、ぜひこの機会に参加してみませんか?

前回のセラピーの様子はこちらです。
https://tenkiame.com/ehonyasan/?page_id=203

大人の方が絵本を読んでもらう機会はなかなかないのですが、人に読んでもらうと絵だけを見ることができ、絵本の世界に入り込むことができます。
大人の方は経験によって、感じ方がさまざまに分かれます。
絵本を読んでもらううことで自分の経験を思い出したり、自分自身と対話をしたり、それを他の方と共有するとまた新たな気づきがあったりして、楽しんでいただけると思います。

■2020年2月28日(金)10時30分~12時00分

■えほんやさん2階
(〒411-0858 静岡県三島市中央町4-10)

■参加費 1,500円 (お菓子&ドリンク付き)

お申し込みはえほんやさんへお電話(055-900-1052)か下記イベントお申込みフォームにてお願いします。

イベントお申込みフォームはコチラ

イベントお申込みフォーム

聞かせ屋。けいたろうさん「絵本ライブ」開催報告〜

昨日は聞かせ屋。けいたろうさんにお越しいただき、絵本ライブを行っていただきました!

まずはけいたろうさんの絵本『たっち だいすき』と『どうぶつしんちょうそくてい』を読んでいただきました。

『どうぶつしんちょうそくてい』は大型絵本です!

赤ちゃん絵本を読んでいただきながら、赤ちゃん絵本の特徴をご紹介いただいていました。
お父さんが5名いらっしゃっていたのですが、「へ〜っ」「ほ〜っ」とお父さんから漏れる声が聞こえてきて、なんだか私が嬉しかったです😄

途中、えがしらもいっしょに2人で『なきごえバス』を読んで、絵本の読み聞かせに歌や手遊び、ふれあい遊びを交えながら進めてくださり、40分間があっという間に終わってしまいました。

ふれあい遊びでは、お子さんはもちろん、参加してくださっている大人のみなさんも笑顔で笑い声が溢れていて、「なんて幸せな時間なんだ〜✨」とホンワカ温かい気持ちになりました。

けいたろうさん、楽しい時間をありがとうございました!
お父さんがいっしょに参加するのはなかなかないと思うので、これを機にお父さんもおうちでの読み聞かせに参加してくださると嬉しいです🎶

みやこしあきこさんのトークイベントを開催しました!

1月19日(日)に絵本作家のみやこしあきこさんにお越しいただき、トークイベントを開催しました。

まずはみやこしさんの小さい頃のことや、絵本作家になったきっかけをお伺いしました。
みやこしさんが絵本を描きたいと思うようになったのは、こちらの絵本『よあけ』(ユリー・シュルヴィッツ 作・画/瀬田貞二 訳/福音館書店)に出会ってから。
今まで抱いていた絵本の”甘くて、育児っぽい”イメージが、”静かで、詩的なものも ありなんだ!”と変わったそうです。
絵本ならではの表現に感動し、いつか絵本を描いてみたいと思うようになったとのことでした。

贅沢に、ご本人に『もりのおくのおちゃかいへ』を読んでいただき…

絵本の制作についてもお伺いしました。

ご自身の経験が絵本のいろんなところにつまっているそうです。
『ぼくのたび』はご自身が行かれた旅先でのワンシーンが散りばめられているそうですよ^^

みやこしさんは、「絵本作家=プチ映画監督」と思っていて、全部自分で作れるのがとても楽しいんだそうです^^
『ピアノはっぴょうかい』では座席表やネズミいっぴきいっぴきの性格を考えながら描かれたそうです。

絵本の制作過程はみなさんそれぞれ違うようですが、みやこしさんの場合は、1枚の絵が思い浮かび、そこからおはなしを膨らませながら制作されるそうです。
『もりのおくのおちゃかいへ』で最初に思い浮かんだのは、こちらのシーン。

もりの中の白と黒の中に、はっきりとした赤の帽子をかぶった女の子が歩いていて、ここからどうお話を膨らませていくかと考え、ラフを16冊も作られたんだとか!
編集の方と練りに練って、出版までにかかった期間は4年!!

タイトルも今とは全然違うものだったんですね〜。
絵本に採用されなかった絵の画像も見せていただいたりして、いろんな裏話をお伺いすることができました。

原画展は引き続き開催していますので、このレポートで少しでも興味を持ってくださった方は原画も見にきてくださいね!

みやこしさん、ご参加くださったみなさん、楽しい時間をありがとうございました^^
トークイベントの間待っていてくださったみやこしさんのご家族のみなさんも本当にありがとうございました!

Scroll to top