『せかいでいちばんつよい国』(デビット・マッキー/なかがわちひろ/光村教育図書)

8月に読んでいただきたい絵本

『せかいでいちばんつよい国』(デビット・マッキー/なかがわちひろ/光村教育図書)

世界中の人々を幸せにするために世界中を征服した大統領のお話です。

“強い”とはどういうことか。
“幸せだと思っている日常”は本当に幸せなのか。

どうしたらみんなが幸せに暮らせるのか、どうしたら平和が訪れるのか、簡単な問いではないですが、この本にはちょっと考えるヒントが隠されているような気がします。

さて、王様は本当に世界を征服することができたのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top