雨の絵本『あめふりさんぽ』

雨の日の絵本をご紹介。
えほんやさんでイチオシの雨の日絵本は、もちろん『#あめふりさんぽ』(#えがしらみちこ / #講談社)。


まずは、この水彩のにじみがとても好き。
表紙の水たまりなんて、最高じゃないですか?
雨粒が窓をうつところも、こうやって表現するのかぁと改めて思いました。
声に出して読むと、リズムのよさで読んでいる方も楽しい気分に。
かたつむりやかえるを覚え始めた子どもも、とても興味津々に読み進めます。

ここからちょっとネタバレ…。
初めて読んだとき、あじさいの屋根のシーンで楽しく「おしまい」かと思っていたんです。
でもそのあとでもうひと展開!
このシーンがまた綺麗なんです。ほぅ〜。うっとり。
雨粒を青だけじゃない色で表現しているのも、綺麗でかわいくて大好き!
見ているとほわぁ〜と、心が明るくなってウキウキしてきます。

雨は年中あるので、季節を選びませんが、今の季節は絶対にイチオシです。

『あめふりさんぽ』のオリジナルグッズもありますよ!




(ひろこ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top