きたがわめぐみさんのトークイベントを開催しました!

少し前ですが、7月23日(祝・木)に絵本作家きたがわめぐみさんのトークイベントを開催しました。
きたがわめぐみさんは、今パネル展を開催させていただいている『おまるちゃん』(教育画劇)の作者さんです。

今回のトークイベントは、えほんやさんとしてzoomを使うのは初めてのことだたので、
うまくいくのか心配もありましたが、大きな問題もなく、無事に終了いたしました。
(ほっとひと安心^^)

イベントのはじめの方は、絵本作家の宮西達也さんや真珠まりこさんもご参加くださり、とても豪華なイベントでした!
(サプライズの登場だったので、参加されたみなさんは驚いたのではないでしょうか?^^)

きたがわさんは今回アトリエから参加してくださったので、作家さんのアトリエをチラリと見られたのも私は嬉しかったです。

『おまるちゃん』をきたがわさんご本人に読んでいただき、きたがわさんの小さい頃のことや作家になるまでの経緯、
絵本をつくる過程などをお伺いしました。
(きたがわさんが『おまるちゃん』を人前で読むのは初めてだったそうです!)

きたがわさんが絵本作家になろうと思ったのは、幼稚園先生時代に骨折してしまい、
入院したときに子どもたちからもらった「めぐみせんせい がんばってね!」のメッセージと絵に
勇気付けられ、絵の素晴らしさを感じたから。
そこからどうやったら絵本作家になれるのか…を考え、行動されたそうです。

『おまるちゃん』の読み聞かせもしていただきました。

きたがわさんが絵本作家になるまでのお話は、なかなかない珍しい経緯で、きたがわさんの可愛らしい見た目とは裏腹に
行動が”男前!”という感想が参加者の方から出るほどでした!

『おまるちゃん』の一番最初のラフなども見せていただきました。
今の『おまるちゃん』とは内容が随分ちがっているラフ。
書き込みがすごいことも私には驚きでした!

絵本づくりに関わっている”編集”のお仕事についても教えていただき、
1冊の絵本をつくるまでにかなりの時間を要していることなど、はじめて聞くことが多くありました。

「編集さんがいることで絵本がよりよくなる」ということだったで、いつかは編集さんのお話も伺ってみたいなぁと思いました。

実は『おまるちゃん』は、6年がかりで作られているそうなんです。
その6年の間、他のお仕事をしながらアイディアを待っている状態だったりするらしく、
その間、作品のことが頭の片隅にずっとあるそう…。

一般的なお仕事をしていると、なかなか6年間アイディアを待つということはないと思うので、
0から1を作りだすことの大変さを伺って驚きました!
とても大変なご苦労に、「自分がその立場だったら…」と想像して、私は苦しくなってしまうほどでした。
(感情移入しすぎ…?笑)

笑顔がとってもキュートなきたがわさん!

きたがわさんご自身の魅力あふれるイベントとなりました。
とても楽しいトークイベントだったのですが、タイミングが合わずご参加いただけない方もいらっしゃったと思います。

きたがわさん、教育画劇さんにご許可いただき、トークイベントの動画をオンラインショップで販売しています。

YouTubeでご覧いただけますので、ご興味ある方はオンラインショップからお求めください!
※『おまるちゃん』の読み聞かせ部分は著作権の関係でカットしています。
※宮西達也さん、真珠まりこさんは、声だけの出演となっています。

絵本作家を目指す方にも楽しんでいただける内容だと思います^^

ご参加くださったみなさん、きたがわめぐみさん、宮西達也さん、真珠まりこさん、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top