田中清代

【メッセージ】
娘が通っている小学校には「アウトメディアデー」という取り組みがあります。メディアとはテレビ、タブレットなどのインターネット、コンピューター系ゲームのことで、それらを1日やらない日をつくろう!というのです。2~3ヶ月に1回ですが、それでも”意識すること”が定着します。娘がTVアニメやタブレット大好きなので、学校ぐるみでこういう呼びかけがあることが有難いな、と思っています。そして”何もしなければ際限なく見てしまう”という現実に、みんなが直面していることの現れなのだとも思います。

休校は親子の交流のチャンス!と思いながらも、食事作りや仕事のあいだ、一人娘は室内にいる限りメディアとの繋がりは大きく、さあどうしよう?と悶々とする日々。試したのはお菓子作り、編み物伝授、一緒に工作、庭でバドミンドン、などなど。それでも寝る直前までTV、なんて日もしばしばです。

私は絵本が大好きなので、娘が小さな頃から寝る前の読み聞かせを続けてきました。寝る時間がちょっと遅くなっても、1冊は必ず読んでいます。絵本を読み終わった瞬間に、娘が深いため息とともに「ああ、おもしろかった」と満足そうに呟くとき、私はとても幸せです。

【プロフィール】
1972年神奈川県生まれ、静岡県在住。
絵本作家、銅版画家。自作の絵本に「おきにいり」「トマトさん」、絵本の挿絵に「ひみつのカレーライス」「ねえ だっこして」などがある。2018年の絵本「くろいの」で第68回小学館児童出版文化賞受賞。絵本イラストの多くを、銅版画の技法を使って描いています。趣味は梅干し作りと、コーヒーの豆を炒ること。

田中清代 公式ホームページ
http://oyikakanat.com/wp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top