「ブルーパンダ」 チャリティーバッジの取扱をはじめました!

みなさん、「ブルーパンダ」をご存知ですか?

ブルーパンダは絵本作家のくさかみなこさんが糖尿病のシンボルカラーとご自身の絵本『いちにちパンダ』(大塚 健太 (Kenta Otsuka)作/小学館)をコラボして作られたキャラクターです。

1型糖尿病が治る病気になるために、くさかみなこさんがチャリティーバッジを製作されて、販売にご尽力されています。(※1型糖尿病については、下の方に説明を掲載しています。)
そのブルーパンダのチャリティーバッジをえほんやさんでも取り扱いさせていただくことになりました!

バッジは¥200で、売り上げのうち¥150が1型糖尿病研究基金への寄付、うち¥50が次回のバッジ制作費となります。

できるだけ多くのみなさんに、ご協力、ご支援いただけると嬉しいです^^

******************
(以下、「ブルーパンダ」のFBページより抜粋しています)

1型糖尿病という病気を知っていますか?

生活習慣病としてよく知られている2型糖尿病と違い、10万人に1人か2人の率で誰にでも発症しうる原因不明の病気です。
子供の発症が多い病気であり、自分でインスリンがつくれないので、日々インスリン注射を打たなければ、命に危険が及びます。逆に言うと、インスリンが正しく打てていれば、一般の人と全く同じように、食べたり、運動したり普通に暮らせます。なかには、プロのスポーツ選手もいるほどです。
ただ、なかなか知られない病気であり、病名のイメージが悪いことから、病気だということを、隠している人も多くいます。治療のストレスから、心を病んでしまう患者さんもたくさんいます。
インスリン注射を堂々と打てないために、うまくコントロールできず、病状が悪化することもあります。

正しく病気について知ってもらいたい、そして、患者さんにとって、もっと生きやすい社会になってほしい、そう願い、出来ることから活動を始めることにしました。

糖尿病のシンボルカラーであるブルーのパンダのバッジを販売し、製作実費を引いた売上げ全額を寄付します。寄付先は、病気の完治を目指すプロジェクトです。( https://japan-iddm.net/support/fund/  または http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10518  )

バッジには、1型糖尿病についての説明がついています。ぜひ、一緒に読んでいただき、理解を深めていただけるとうれしいです。

ブルーパンダのページで、プロジェクトの進捗やバッジの販売情報、寄付の状況などを報告していきます。とりあえずは、東京を中心に身近なお店などに置いていただいたり、私自身が出るイベントなどでの販売が中心になります。
まずは小さく始めようと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

くさかみなこ 絵本作家

ちなみに、ブルーパンダのパンダのイラストは、絵本『いちにちパンダ』(小学館/大塚健太さく くさかみなこ え)の表紙のパンダです。小学館の編集担当の方と大塚さんにも、応援していただいています。
絵本についてはこちら
https://www.shogakukan.co.jp/books/09726642

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top