『サンタクロースになるひ』

おはようございます。
店長の寛子です。

朝の冷え込みがぐっと寒くなってきましたね。
そして、クリスマスまであと10日!

今日はクリスマスの絵本をご紹介します。

『サンタクロースになるひ』(種村有希子/小学館)

主人公のめいくんは「クリスマスにサンタさんになって、プレゼントをとどけたい!」と、毎日毎日こっそりあるいたり、ソリに乗る練習をしていました。

そして、サンタさんのお手伝いで、3人兄弟の家にプレゼントを配る仕事をさせてもらいます。

めいくんがプレゼントを届けるのは、左側の赤いおうち。

真っ暗な家の中でドキドキしながら子ども部屋を探したり、ぐちゃぐちゃに散らかった子ども部屋で、おもちゃをよけながら枕元にプレゼントを配ったり、いろいろな試練がめいくんを待ち受けています。

ぐっすり眠っていると思っていた子どもに見つかったり、さらにさらに大きな試練も…!?

クリスマスをとても楽しみにしている子どもたちの様子とサンタさんがプレゼントを配る大変さがよくわかります^^(「部屋はちゃんと片付けなきゃね!」と伝えてみたり…笑)
そして、めいくんの大きな成長。

この時期ならではの冒険でドキドキしたり、サンタさんのお仕事を見てワクワクしたり、今年の自分のプレゼントのことを考えながら目をキラキラ輝かせたり…いっしょに読むと子どもたちのさまざまな表情を見ることができます!

「クリスマスが待ち遠しい!」気分を高めてくれる絵本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top